魚の骨が子供の喉に刺さったら?病院に行くなら何科?

この記事は3分で読めます

子供の食事には細心の注意を払っている
そうは言っても思わぬトラブルのために知っておきたい知識も
ありますよね。

 

 

トラブルで多いのが
魚の骨が子供の喉に刺さった時。
この場合どうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

魚の骨が子供の喉に刺さったら?

魚の骨というのは
避けて食べているつもりだったとしても
細かい骨が紛れているときもありますよね。

 

 

また子供の食事ともなると
どうしても細心の注意を払っていても
見えない骨などが魚の肉にまぎれていたりして
トラブルになることもあります。

 

 

魚の骨が口の中にはいると痛いですし
小さな子供ともなれば
どうすればいいかわからずに
飲み込んでしまうこともあるでしょう。

 

 

しかし子供の小さな喉では
魚の骨はそのまま通り抜けることなく
喉に刺さってしまうこともあります。

 

 

魚の骨を取ろうと
ご飯を飲み込んでみたり
水を飲み込んでみるにも
なかなか取れず、最悪悪化してしまうということもあるでしょう。

 

 

では魚の骨が喉に刺さってしまったとき
どういった対処をすればいいのでしょうか。

 

 

よく耳にするのが

「ご飯を丸呑みにすればいい」

ということですよね。

 

 

たしかにそのご飯にまぎれて
骨も取れる感じがしますし
あながち間違いではないのかも~と思うものです。

 

 

しかしこれはウソ
むしろ絶対にやってはいけない行動である
と言えるのです。

 

 

ご飯を丸呑みにすることによって
骨が刺さっている箇所が広がり
傷が広がる危険性
骨が途中で折れてしまい
喉に骨が残ってしまうということもあるのです。

 

 

そうなると違和感は拭えずに痛みも取れず
なによりも骨を取り出しづらくなってしまうため
対処法としては絶対にしないようにしましょう。

 

 

ではどうすればいいのかというと
指やピンセットで抜くというのが
安全なのでやってみましょう。

 

 

しかし小さな子供の喉に
指やピンセットを入れて骨を取るというのも
難しいものです。

 

 

その場合には病院に行って取ってもらうのがいいので
無理だと判断したらすぐに医師に見てもらうようにしましょう。

 

 

またやはりこういったトラブルを起こさないためにも
魚の骨をしっかりと取った上で
食事をさせるようにするというのが
一番の対処法だと言えます。

 

 

小さいうちは親が取り除いてあげる必要がありますが
だんだん箸が使えるようになってきたら
魚の骨は危険であるということを教えると共に
魚の骨を取り除く練習をしていくと◎。

 

 

未然にトラブルを防ぐことが
最適の対処法だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

病院に行くなら何科がいいの?

魚の骨が万が一子供の喉に刺さってしまって
自力でも取れそうにない場合は
病院に行って取り除いてもらうことができます。

 

 

指やピンセットで無理やり取ろうとすると
喉を傷つけてしまう危険性があるので
出来るだけ医師に診てもらうほうがいいでしょう。

 

 

しかし魚の骨が喉に刺さったとなると
何科に診てもらうのがいいのか
わかりませんよね。

 

 

魚の骨が喉に刺さってしまった場合に
それを処置してくれるのは
耳鼻咽喉科

 

 

しかし小児科でも良いようなので
子供の様子を見て選んでみるといいでしょう。

 

 

骨の太さや大きさ、喉のどの部位に刺さったのか
ということで処置方法は変わってくるものの
やはり医師が処置をするので
より早く骨を取り除くことができます。

 

 

ネットなどを検索してみると
魚の骨が喉に刺さったときの方法がいくつかでてくるものの
信憑性が低いものばかりで不確かであるために
様子を見て取れないようならば
耳鼻咽喉科、小児科に行くようにしましょう。

 

 

もしもの時のために
適切な処置の方法を知っておくのも
魚料理を美味しく食べるためには必要なことなので
是非頭の片隅に入れておくようにしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。