潔癖症あるある!買い物カゴすら触りたくない?

この記事は2分で読めます

自分は極度の潔癖症である、という人いると思います。
潔癖症ではないけど、潔癖症の人はどんな心理なのか
どれほど潔癖症なのか
疑問に思っている人もいると思います。

 

 

そこで今回は潔癖症あるあるに注目!
潔癖症はどのくらいのものなのか
買い物カゴすら触りたくないって本当?など
潔癖症について今回は紹介していきます!

スポンサードリンク

潔癖症あるある

潔癖症
聞いた事がある人も多いと思います。

 

 

自分が潔癖症だと思っていない人にとっては
潔癖症ってどんなものなのか
気になる人もいますよね。

 

 

確かに自分が潔癖症じゃないと
どの程度の潔癖になるのかわかりませんし
理解が出来ないって人も多いと思います。

 

 

ということで今回は
潔癖症あるあるに注目!

 

 

潔癖症はどんなことが嫌なのか
早速潔癖症について
紹介をしていきたいと思います!

 

 

まず潔癖症で多いのが

「一口ちょうだい!」

がダメというやつですよね!

 

 

よく友達や家族で
飲み物や食べ物で一口ちょうだいと
食べ物をシェアする人は多いと思います。

 

 

一口ちょうだい、じゃなくても
食べ物をシェアするのはよくある食べ方なので
疑問に思わず普通にやっている人も多いですよね。

 

 

しかし潔癖症の人はそれがだめ!
人が口をつけた食べ物や食器で食べるのは
気持ちが悪くなってしまってNGなのです!

 

 

割と軽度の潔癖症にも
食べ物のシェアはNGという人が多いので
中には自分がそうかも~!という人も
いると思います。

 

 

他には
電車のつり革には触れない
トイレのドアや便座に座れない
人の使ったものを使えない

など、度合によるものの
潔癖症の人はこういったものが無理!というわけなのですね。

 

 

何故潔癖症の人がそうなってしまうのかというと
もちろん人それぞれ理由がありますが

・過去に汚い光景を見てしまった
(汚い手や洗ってない手で物を触っているのを見た)

・他人が触っているものが嫌だ

・人の食べ物や食器には、自分以外の唾液などがついている

などなど…。

 

 

考えすぎと言われればそれまでなものの
潔癖症の人にとっては大問題であるわけで
特に自分の知らない他人である人が触る
電車のつり革やエスカレーターの手すり
公衆トイレの便座やドアなどは
絶対に触りたくない!という人が多いのです。

スポンサードリンク

買い物カゴすら触りたくない?

潔癖症の人が多く共通しているのが
他人が触ったものには触りたくないというものです。

 

 

あまりにもひどい人の場合だと
買い物カゴにすら触れないという人もいるので
日常生活ではかなり苦労している人もいるみたいですね。

 

 

買い物カゴなんて別に…というのは
潔癖症じゃない人にとっては全然触れるものであるものの
潔癖症の人にとっては絶対に触りたくないものなので
直接手で触れないように気を付けてみたり
マイ買い物カゴを使える場所で買い物をする人がいたり
工夫をして過ごしているということ。

 

 

潔癖症は治せるものではあるものの
本人の協力や努力がない限りは難しいものです。

 

 

もし自分が潔癖症で治したい…そう思うならば
他人が触ったものを触るのは当然である
汚れるのは当たり前のこと
という意識を少しずつ持っていくことが大切。

 

 

なかなか難しいことなので
長期的なものになっていきますが
少しでも潔癖症を治していきたいと思うのであれば
是非意識から変えるようにしてみてください!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。