胆嚢ポリープが手術せずに消えるって?治療で小さくするには?

この記事は2分で読めます

健康診断や人間ドックによって発見されることが多い
胆嚢ポリープ。
見つかった場合どのように治療をすればいいのか
悩みますよね。

 

 

中には胆嚢ポリープは手術せずに消える
ということが言われていますが本当なのでしょうか?
また治療で少しでも小さくするために
どんな治療が最適なのか
早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

胆嚢ポリープが手術せずに消える?

健康診断や人間ドックは定期的に受診することを
オススメされています。

 

 

病気の早期発見をすることが出来たり
病気の可能性を知ることが出来ますし
これらの検査によって見つかる病気も多いので
受けておくに越したことはないのです。

 

 

その中でも健康診断や人間ドックによって
見つかりやすい病気というのが胆嚢ポリープ

 

 

胆嚢ポリープというのは
主にエコー検査によって判明するものであり
胆嚢の内部の病変したものが見つかると
胆嚢ポリープだと診断されます。

 

 

大きさによっては手術をする可能性が出てきますが
経過観察を重ねて
胆嚢癌の可能性についても考えながら
治療をしていくことが一般的です。

 

 

また、4,50代に多いのが
コレステロールポリープだと言われています。

 

 

手術となると
胆嚢の摘出手術をすることもあるので
少し大掛かりな手術になるかもしれませんね。

 

 

胆嚢が摘出されたとしても
特に体にとっては大きな支障が出るわけではないので
もし大きなポリープが発見された場合には
医師との相談のもと
胆嚢を摘出してしまってもいいかもしれません。

 

 

胆嚢ポリープに関しては
手術をしなくても消える
ということが言われています。

 

 

もし手術をしなくても消えるのであれば
出来るだけ消えてほしい存在ですよね。

 

 

胆嚢ポリープが発見された場合
多くの場合は経過観察をして様子を見る
というものになりますが
ポリープは大きくもなれば、小さくもなる可能性があります。

 

 

そのため、胆嚢ポリープは
時間と共に小さくなっていって
終いには消えてしまうこともあるのです。

 

 

胆嚢ポリープが見つかったとなると
焦ってしまう気持ちも出てくるものですが
消える可能性も十分にあるため
見つかった場合には焦らずに観察をしていきましょう。

 

 

手術をすることは
ほとんど稀なことでもあるので
医師と相談をしたりアドバイスを聞いたりして
落ち着いて対応していきましょう。

スポンサードリンク

治療で小さくするためには?

もし胆嚢ポリープが出来た場合
消える可能性を考えるのであれば
出来るだけ小さくしていきたいものかもしれません。

 

 

胆嚢ポリープが見つかった場合は
手術をしない場合は具体的な治療法はなく
経過を観察していくことになります。

 

 

そのため定期的に観察をしていき
小さくなっているようであればそのまま観察を継続
大きくなっていたり、手術を行う基準に達した場合は
手術にとりかかることとなります。

 

 

胆嚢ポリープが小さくする治療法という治療法はないようなので
医師の指示に従いながら
気を付けることは気を付けて
出来るだけ胆嚢ポリープを大きくしないように
心掛けていくことが大切です。

 

 

おそらく発見した時に
医師によって注意点などを聞かされると思うので
それらを忘れないようにして心掛ければOKです。

 

 

胆嚢ポリープは
先ほども紹介した通りに
健康診断や人間ドックによって発見する確率が高いものです。

 

 

悪化をしてしまったり、悪性のものだと
ガンへと発展してしまうため
これらの検査は定期的に受けるようにして
出来るだけ早く発見出来るようにしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。