粘膜バリアで免疫力がアップする?粘膜の機能を高める方法とは?

この記事は3分で読めます

免疫力をアップさせる方法は
いくつかありますが
最近注目されていることと言えば
粘膜バリアの存在。

 

 

今回は粘膜について注目。
粘膜バリアで免疫力がアップをする!
免疫力との関係や
粘膜の機能を高めるための方法について
紹介をしていきます。

スポンサードリンク

粘膜バリアで免疫力がアップ

免疫力がアップをすることによって
風邪や病気にも負けない
健康で強い体を手に入れることが出来ます。

 

 

逆に免疫がないと
病気になりやすくなってしまったり
気だるい感じが続く、疲れがとれない感じがするなど
様々な支障が体に出てきます。

 

 

毎日快適に過ごすためにも
免疫力を高めておくということは
とても重要なことなのです。

 

 

今回はそんな免疫と粘膜について注目していきますが
まずは免疫と粘膜の関係について
見ていきましょう。

 

 

体の中には、胃や腸などの臓器がありますが
これらのウイルスなどが入ることによって
体調不良や病気になってしまうことになります。

 

 

しかしそういった臓器の表面には
粘膜が覆われている状態になっていて
さらに粘膜の上に粘膜がかかっている状態なのです。

 

 

粘膜が二重でかかっている状態のことを
粘膜バリアと呼び
粘膜バリアがあることによって
臓器に侵入したウイルスが直接臓器に影響を及ぼさないように
守ってくれているわけです。

 

 

まさに粘膜バリアという言葉が
ぴったりの構造や役目となっているわけですね。

 

 

免疫と呼ばれる免疫細胞は
主に血液中の白血球の中に含まれていて
体外から侵入してきたウイルスを
退治していきます。

 

 

なので免疫と言えば
ほとんどの場合血液中の免疫細胞のことを主に指しますが
体をウイルスなどから守っている粘膜バリアも
免疫として数えられているのです。

 

 

つまり、免疫力を上げたいのであれば
免疫細胞の働きを活発にするだけでなくの
粘膜の機能を高めることによって
体をしっかりと守ることが出来るということなのです。

スポンサードリンク

粘膜の機能を高める方法とは?

では、粘膜の機能を高める方法
どのようにしていけばいいのでしょうか。

 

 

免疫力を上げる方法としては
血液中の免疫細胞の働きを活発にするというものがほとんどなので
粘膜の機能を上げる方法と言われても
イマイチピンとこない人も多いかもしれません。

 

 

粘膜の機能を高める方法はいくつかあります。

 

 

粘膜バリアで覆われている体の中でも
代表的なのが腸、胃、口です。

 

 

それぞれ場所によって
粘膜機能を上げる方法は異なるので
もし腸が弱い…と感じることがあれば
粘膜機能を上げることによって
腸の日頃の悩みを改善出来るかもしれません。

 

 

まず腸の粘膜機能を上げる方法ですが
食べ物が良いと言われています。
特に新レンコンにはムチンと呼ばれる成分が
豊富に含まれており
ムチンが粘膜機能をアップさせる働きがあるのです。

 

 

このムチンは
下痢止め、膀胱炎など
腸が関係する症状の薬に使われるものなので
ムチンが腸の粘膜機能をアップさせるというのも
薬として使われてきたと考えれば
とても納得できますよね。

 

 

また、腸の粘膜は古くなると
便に含まれて体外に排出されるため
便秘気味だという人は便秘解消をすることや
排便を促す効果のあるサツマイモなどのイモ類や
整腸効果のある海藻類などを積極的に食べてみるといいでしょう。

 

 

次に胃の粘膜機能を上げる方法を見ていきましょう。

 

 

胃の粘膜に関しても
ムチンが含まれている食材が効果的なので
レンコンなどを中心に食べてみると◎。

 

 

また皮膚細胞を作ることでお馴染みの
ビタミンAも粘膜を構成、強化してくれるものなので
緑黄色野菜やレバーなどを食べてみるのもいいでしょう。

 

 

最後に口の粘膜機能をアップさせる方法ですが
口の免疫力に関しては
唾液の量が重要なポイントとなっています。

 

 

唾液には殺菌作用、洗浄作用があり
唾液そのものが免疫力として効果を発揮しているのです。

 

 

粘膜バリアも担っているため
例えば唾液がまったくない、口が乾いている状態だと
ウイルスが入りやすい、細菌が繁殖しやすいということになり
体に支障をきたしていきます。

 

 

唾液の分泌を増やす方法としては
水分補給をしっかりとすることや
食事の際は咀嚼回数を増やすということ
会話や舌の運動をして、舌の筋力を付けること
が唾液の分泌を促してくれるものとなります。

 

 

唾液のが増えれば粘膜バリアの機能も強くなるので
日頃から意識をしてみるといいいでしょう。

 

 

代表的な3つの粘膜バリアについて
粘膜機能をアップさせる方法を紹介してきましたが
栄養バランスに気をつけながら食事をする
ということが大切となります。

 

 

ムチンが含まれる食事を重点的に食べるのも大切ですが
バランスが崩れてしまうと別のところで支障が出てしまうこともあるので
日頃からバランスを意識した食事を心掛けていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。