お墓の移動の費用や手続きについて!引っ越しは良くない?

この記事は3分で読めます

お墓は出来ればたくさんお参りをしたいものの
遠くにあって出来ないということや
引っ越しの都合で遠くなるということもあります。

 

 

そんなとき浮かぶのが
お墓のお引越し。
今回はお墓の移動の費用や
手続きについて注目していきます。

スポンサードリンク

お墓の移動の費用は?手続きなど

なかなかお墓参りが出来ないという理由の多くは
やはりお墓との距離が遠いから
というものが最も挙げられるでしょう。

 

 

確かに実家から遠く離れた場所に住んでいたりすると
どうしてもお墓との距離は遠くなりますし
お参りをしたいといっても
お盆に1度だけ、なんて人も少なくありません。

 

 

また今はお墓が近いけれど
引っ越すことになったから
お墓が遠くなってしまうということもあります。

 

 

そんな事情の中で浮かぶのが
お墓の移動

 

 

お墓は移動することが出来るので
今よりもお墓参りをしやすいように
お墓を実際に移動する人もいます。

 

 

しかしお墓の移動は
手続きや費用が複雑そうで
なかなか勇気が出ないという人もいます。

 

 

まずお墓の移動について
簡単な流れを紹介しましょう。

 

 

一番最初にやることは
新しいお墓を探すということです。
引っ越しで言うのであれば
新居を探す感じですね。

 

 

決めた新しいお墓は
その墓地を管理している管理者から
墓地使用許可証、または受入証明書をもらいます。

 

 

その後、お墓のデザインなどを決めて
正式に契約をしましょう。
このときお墓の引っ越しが完了するまでには
およそ3ヶ月~はかかると言われているので
スケジュールを逆算して
早すぎないように注意をしましょう。

 

 

次に今のお墓に対しての手続きが必要となります。

 

 

改葬許可申請書が必要となるので
現在のお墓がある自治体から取り寄せて
さらに現在のお墓の墓地管理者からは
埋蔵証明書をもらい、この2つの書類を提出し
改葬許可証をもらいます。

 

 

基本的な流れはこれまでなので
細かいことはそのお墓の宗教や宗派
また地域の流れにそってやっていけば
問題ないと言えます。

 

 

費用に関しては
それぞれ異なるものなので
だいたい100万~1000万
かかると思っておけばいいでしょう。

 

 

主にお墓のデザインなどによって
費用は左右されるようなので
だいたいの費用を決めて
それを目安にした上で決めるといいかもしれませんね。

 

 

またお寺によっては
離檀料と呼ばれる費用を巡って
トラブルになることもあるので
すぐにお墓の移動は決めずに
前もって相談をしておくと安心かもしれません。

 

 

この離檀料というのが意外と厄介なもので
決まった金額がないため
お寺や霊園が定めた金額を納めなくてはいけません。

 

 

今までお墓の管理をしてくれた
ということもあるので
それなりの費用は覚悟をしておいたほうがいいようですが
あまりにも多額な離檀料を請求されて
トラブルに発展ということもあるようです。

 

 

こういったトラブルにならないためにも
いきなりお墓を移動したいという話をするのはNG。

 

 

出来ればお寺や霊園とは良好な関係を築いていくと
こういったトラブルにもならないため
出来る限り関係に気を付けていくといいでしょう。

 

 

それでもすでに遠方に住んでいて
お寺との関係を築くのは難しい…という人もいると思うので
その場合には、相談という形で
お寺と連絡を取り合うようにしておくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

引っ越しは良くないこと?

お墓の移動について
手続きや費用について紹介してきましたが
そもそもお墓の引越しってどうなの?
という声もあります。

 

 

確かにご先祖様が眠っているお墓を
わざわざ掘り起こして引っ越しをするというのは
罰当たりな感じもしますよね。

 

 

ただ、それを考えて長らくお参りをしないのと
近くまでお墓を移動させて
気軽にお参りを出来るようになると考えると
やはり移動をしたほうがいいという意見もあります。

 

 

どうしても遠方にお墓があると
そもそもお墓にお参りをすることは出来ませんし
お手入れをすることも難しくなります。

 

 

そうなるとご先祖様からすれば
薄情だと思われしまうこともありえるので
そう考えれば引っ越しはそう悪いものでもないのかもしれません。

 

 

ただいい加減な気持ちで新しいお墓を考えたりするのはNGなので
よりご先祖様がやすらかに眠れるようにと願って
お墓の移動を進めていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。