足底筋膜炎の治療法はストレッチ?マッサージやシップは効くの?

この記事は3分で読めます

足底筋膜炎ってご存知ですか?
足の裏が痛い、かかとが痛い
痛みだしたその原因は
もしかしたら足底筋膜炎かもしれません。

 

 

今回は足底筋膜炎に注目ということで
治療法に注目。
ストレッチは効果的?マッサージやシップはどうなの?
足底筋膜炎の気になる情報について
見ていきましょう!

スポンサードリンク

足底筋膜炎の治療法はストレッチ?

足の裏やかかとなど
足の裏全体が痛くなる足底筋膜炎

 

 

足の裏にはたくさんの筋肉があり
それを覆っている足底筋膜と呼ばれるものがあります。

 

 

それが炎症、硬くなってしまうことで
足底筋膜炎になってしまい
痛みが出てきてしまいます。

 

 

特に歩いていたり立っているだけでも
足の裏が痛いと感じることなど
足の裏に負担がかかると痛くなることが
特徴だと言えます。

 

 

そんな足底筋膜炎の治療法として
ストレッチが挙げられるようですね。

 

 

そもそも足底筋膜炎の原因には
足底筋膜が固まってしまうことが挙げられるため
ストレッチでほぐすことによって
痛みを取り除くことができるということ。

 

 

ストレッチ方法で間違いやすいのが
足の裏だけをストレッチするということで
実はストレッチをする際には
足の裏以外にもやる必要があります。

 

 

ふくらはぎなど脚の筋肉全体を伸ばすことで
柔らかくするというものがオススメで
脚をピンと張ってみたり
体を動かしたりして
筋が伸びていることを実感していきましょう。

 

 

この時無理して筋を伸ばそうとすると
痛めてしまうことになるので
無理をしない程度にやる必要があります。

 

 

筋が伸びている、筋肉が使われて
やわらかくなっている感じがする。

 

 

そういったことを感じ、意識しながらやると
効果的だと言えます。

 

 

もし詳しいストレッチ方法などが知りたい場合は
一度病院や整体院に行くようにしましょう。

 

 

足底筋膜炎の症状は人それぞれであるために
ストレッチ方法が異なるとも言えます。

 

 

なので自分に合ったストレッチ方法を知ることが
より効果を高めることとなるので
相談をしてみるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

マッサージやシップは効くの?

足底筋膜炎の症状を回復させるためには
マッサージやシップも挙げられるようです。

 

 

マッサージで得られる効果というのは
血流を促進させることによって代謝を改善し
筋を柔らかくしていくということですね。

 

 

やはり血流が悪い、代謝が悪いと
筋は固まりやすくなってしまいます。

 

 

そもそも筋肉というのは
冷やしてしまうことでより硬さを増してしまうものなので
冷え性の人は冷え性改善をしていかないと
足底筋膜炎の症状を改善するのは難しいかもしれません。

 

 

そのため、脚全体をマッサージし
血流を促すようにすることで
脚の裏の筋や筋肉を柔らかくすることが出来ます。

 

 

お風呂に入りながらや
お風呂あがりは、体は温まっている状態なので
マッサージをするには最適の時間でオススメです。

 

 

シップに関しては
筋肉を冷やすということになってしまうことにもなるため
症状によってはやらないほうがいい場合もあるみたいですね。

 

 

なのでシップを使う場合には
医師に相談をしてみることが大切です。

 

 

最悪シップによって患部を冷やしてしまい
症状が悪化してしまうことや長引いてしまうことに繋がるので
注意をしていきましょう。

 

 

足底筋膜炎の症状や原因を見極めるのは難しく
適切な対処法を見つけるのもまた困難だと言えます。

 

 

そのため、医師に相談をしても
なかなか症状が改善されない場合には
対処法が間違っている可能性もあるので
他の医師に相談をしてみるといいでしょう。

 

 

しかし血行促進効果を高めるマッサージや
筋肉を柔らかくするストレッチは効果があるので
予防目的としても、日々やっておくと安心かもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。