歯の黄ばみの落とし方で重曹は効くの?黄ばむ原因は何?

この記事は3分で読めます

歯は白いほうが美しいですし
見栄えもよく、他人からの印象も良くなりますが
黄ばみが原因で白い歯になかなかなれないと
諦めている人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし歯の黄ばみを落とすためには
重曹がいいということも耳にします。
本当に効果があるのか、気になりますよね。

スポンサードリンク

歯の黄ばみの落とし方 重曹って効くの?

歯の黄ばみがコンプレックスになっていて
なかなか人前で笑えないという人や
思わず口を隠してしまう人って
結構多いのではないでしょうか。

 

 

歯は意外と人が見ているポイントであり
白い歯である人は
好印象を持ちますよね。

 

 

しかし歯が汚い人、黄ばんでいる人などは
不潔なイメージがついてしまうため
黄ばみで悩んでいる人は
なかなか周りにも相談できずに悩んでいる
ということもあると思います。

 

 

歯を白くするためには
歯医者などで白くすることができるものの
決して安くできるものでないために
なかなか手が出しづらいもの。

 

 

憧れの白い歯を手に入れたいと思っていても
大半の人が諦めているのではないでしょうか。

 

 

しかし、簡単に、しかもお金もほとんどかけずに
白い歯を手に入れることができるのならば
これ以上嬉しいことはないですし
是非実践したいもの。

 

 

歯を白くするためのアイテムとして
調べていくと重曹ということを
よく耳にします。

 

 

重曹というと
様々な活用法を持つ便利なアイテムですし
結構掃除や料理などにも使っている人も
多いですよね。

 

 

実際に重曹は
歯の黄ばみを改善し
白い歯にする効果があるものとして
使われているものなのです。

 

 

やり方は簡単で
重曹の持つ研磨力を発揮するために
歯磨き粉として使用する方法が一般的

 

 

やり方は
歯ブラシの歯磨き粉と同じように重曹を当て
軽く優しく歯をブラッシングするだけ。

 

 

効果が現れるには個人差があるものの
1週間、2週間ほどで効果が現れる人が多いようなので
それを目安に頑張ってみましょう。

 

 

ただし注意点として

・食用・医療用を使う

・やり過ぎない

というのが大切。

 

 

やればやるほど白くなる、という気もしますが
研磨によって、黄ばんだ部分の歯を削ることによって
歯を白くしているだけなので
やりすぎてしまうと歯が傷ついてしまうこともありえます。

 

 

それも踏まえた上で
1週間、2週間程度頑張っても改善されない場合は
重曹によって歯を白くする方法を諦めたほうがいい
といえるでしょう。

 

 

歯を傷つけてしまえば、歯が脆くなってしまうことにも繋がりますし
変色してしまうこともあるために
やりすぎず、効果が現れない場合は諦める
これを忘れずにしましょう。

スポンサードリンク

黄ばむ原因は?

そもそもなんで歯が黄ばんでしまうのでしょうか。

 

 

歯が黄ばんでしまうのは
着色物質が含まれている食べ物を食べるから
だと言えます。

 

 

しかし着色物質が含まれている食べ物といっても
ほとんどの食べ物に含まれているために
これらを避けて食事をするというのは難しいでしょう。

 

 

着色物質は少しずつ蓄積されていき
歯の黄ばみや汚れにつながっていきます。

 

 

また、タバコが原因で歯は黄ばむので
歯の黄ばみに悩む人の中には
喫煙者が多いかもしれませんね。

 

 

歯を黄ばませないために原因をつくらない
それが一番歯の黄ばみ対策に対しては
最も効果的であるものの
黄ばむのは仕方がないとも言えます。

 

 

また歯にはエナメル質という
歯を守るためにコーティングしている物質がありますが
これは加齢と共に剥がれていってしまうため
より歯が黄ばみやすくなってしまいます。

 

 

歯を白く保ちたい
それをするためにはしっかりと歯を磨くことも大切ですが
それだけでは歯に溜まる着色物質を
取り除くことはできません。

 

 

重曹を使う方法は効果があるものの
その分リスクもあるために
オススメできないという声もあります。

 

 

食用・医療用の重曹を使う
効果が現れない場合は諦める
やり過ぎ注意

こういった注意点が挙げられますが
やはりリスクが怖いという場合には
重曹に頼らずに歯医者などでホワイトニングをしてもらうほうが
安全だと言えます。

 

 

自分の歯と相談をした上で
どのように歯を白くしていくかを決めて
白い歯を手に入れましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。