若年性更年期障害の症状をチェック!何科を受診するの?

この記事は3分で読めます

最近、若年性更年期障害
というものも耳にするようになってきて
自分は大丈夫なのだろうか…?と
不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

今回はそんな若年性更年期障害の症状をチェック!
またもし該当するならば
何科を受診すればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

若年性更年期障害の症状をチェック!

更年期障害というのは
おそらくほとんどの人が耳にしたことがある言葉ですよね。

 

 

自分の親が更年期障害に悩んでいる
という人もいると思いますし
自分自身がそうであるという人もいると思います。

 

 

しかし、そんな更年期障害は
閉経間際になって初めて起こるものなだけに
まだ20代30代世代の人にとっては
遠い先のことというイメージが強いでしょう。

 

 

そんな最近、よく耳にするのが
若年性更年期障害という言葉。

 

 

若年性というのは若い世代に値するために
若いうちでも更年期障害になってしまうの!?
と少しドキっとしますよね。

 

 

もちろん更年期障害そのものとは
別物ではあるものの
似ていると言えます。

 

 

更年期障害というのは
閉経が近づく女性に起こるもので
ホルモンバランスが急激に変化をすることによって
起きてしまうものです。

 

 

その際に急激に成分が減ってしまうのが
エストロゲンというものなのですが
20代、30代の中にも
極稀にエストロゲンが低下をしてしまい
ホルモンバランスが崩れてしまうこともあるのです。

 

 

そうなると若年性更年期障害となってしまい
更年期障害に似た症状が引き起こされてしまうのです。

 

 

では早速若年性更年期障害の症状チェックをしていきましょう。

・月経不順がある

・肌荒れがひどい

・便秘や下痢気味である

・イライラしてしまう

・気持ちの浮き沈みが激しい

・食欲が無い

・体重の変化が激しい

・抜け毛・白髪が増えた

など。

 

 

これらのことに該当すると
若年性更年期障害の可能性があると言えます。

 

 

女性というのは
男性と比べてみるとストレスを受けやすい体なので
ホルモンバランスが崩れてしまうことは
よくあることでもあるために
一概に当てはまったから若年性更年期障害である
とはいえません。

 

 

特に20代、30代となると
社会で働いている女性も多いので
ストレスを抱えやすいということも考えられます。

 

 

もし当てはまった人は
自分が若年性更年期障害の可能性があると
少しこわくなったり、恥ずかしく思う人もいるかもしれませんが
改善していくことが必要になるので
受け止めることが大切です。

スポンサードリンク

何科を受診するの?

若年性更年期障害の可能性がある
となったときにいざ病院に行こうと考えてみても
何科を受診すればいいのかわかりませんよね。

 

 

ストレスを発散することによって
症状が解消されるものもあるので
病院に行く前に自分で出来る限りのストレス発散をして様子を見る
というのも1つの手段。

 

 

しかしそれでも症状が改善されない場合や
ストレス発散をすることができない
ストレスを感じていないという人は
病院に行って一度受診をすることをオススメします。

 

 

症状の中には体調不良のようなものも含まれているので
内科を選びがちになってしまいますが
ここは婦人科一択で。

 

 

婦人科というと
女性専門であり、妊娠や不妊治療…というイメージが強く
行きづらいという人も多いかもしれません。

 

 

しかし女性にまつわる病気を扱うところでもあるので
一度行ってみると心強い味方になってくれます。

 

 

もしかしたら月経不順などの症状は
他の病気が関係していた
なんてこともあるので
症状が酷い場合にはそういった時のためにも
行ってみるといいでしょう。

 

 

さて、最後に若年性更年期障害にならないためにしておきたいこと
について見て行きましょう。

 

 

女性の体はホルモンバランスが崩れやすく
若年性更年期障害になりやすいと言えますが
更年期障害と比べて症状は軽く、改善模することが出来るため
未然に防ぐこともできるものです。

 

 

普段からストレスを溜めないということは一番ですが
正しい生活リズムやバランスの摂れた食生活
ということを意識すれば
若年性更年期障害になりにくくなるので
意識して日々過ごしていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。