スタバのサイズの読み方は?どれがお得か比較してみました!

この記事は3分で読めます

皆大好きスタバことスターバックス。
コーヒーも美味しいですし
フラペチーノや期間限定ドリンクは
毎回欠かさず飲んでいるという人も
多いと思います。

 

 

さてそんなスタバですが
サイズの読み方も少し変わっていて
正直読み方がわからない…という人もいますよね。
どのサイズがお得なんだろう~?という気になる疑問など
今回はスタバのサイズについて注目していきます!

スポンサードリンク

スタバのサイズの読み方は?

おそらくほとんどの人が
スタバことスターバックスコーヒーには
足を運んだことがあると思います。

 

 

もし行ったことがないという人も
スタバ自体は知っていることでしょう。

 

 

今や身近な存在となっている
カフェの中でも
スタバは特に人気のあるチェーン店として
人気を博していますよね。

 

 

女性を中心に
フラペチーノは大人気ですし
期間限定ドリンクは
飲みごたえもある、見た目も綺麗で可愛いくおしゃれである
そして味も美味しいと大満足行くドリンクなので
毎回欠かさず飲んでいるという人も多いかと思います。

 

 

他にもサイドメニューには
ケーキだったりスコーンだったり
サンドイッチやキッシュなどもあるので
ちょっとしたティータイムにも最適。

 

 

さてそんなスタバですが
サイズの読み方、最初はわからなかった
という人も多いのではないでしょうか。

 

 

一般的なサイズ表記だと
S(ショート)M(ミディアム)L(ラージ)
というものですが
スタバの場合には
Short、Tall、Grande、Venti
となっています。

 

 

Shortは、そのままショートサイズなので
他のお店と一緒ですよね。

 

 

しかしそこから、Tall、Grande、Ventiというのは
おそらくスタバ以外では
ほとんど聞かないサイズの名前なだけに
注文をする時に何て読むんだろう…!?
ドギマギした…なんて人もいるでしょう。

 

 

そういうこともあってか
スタバは注文するのが難しそうということで
スタバに行きたいけど怖くて行けない
なんて人もいますよね。

 

 

ではその気になる読み方というのが…

Short(ショート) 240ml

Tall(トール) 350ml

Grande(グランデ) 470ml

Venti(ベンティ)590ml

となっています。

 

 

ほとんどスタバに行く人が頼むサイズが
Mサイズに当たるTallサイズ。
Lサイズに当たるのがGrandeサイズで
LLまでいくとVentiとなっています。

 

 

今まで読み方がわからなくて
スタバに行けなかった!という人も
読み方をメモしてスタバデビューをしてみましょう!

スポンサードリンク

どれがお得か比較してみました!

読み方もわかったところで
気になるのがどのサイズが一番お得なの?
という疑問。

 

 

スタバは他のドトールとかと比べると
少し割高にもなっているので
どうせならばお得に飲みたい
という人も多いようですね。

 

 

何よりも美味しく何度でも飲みたいドリンクを
お得に飲みたいというのは
多くの人が抱く願いでもあると思います。

 

 

まずスタバは
ドリンクによって値段も異なるために
基本となるドリップコーヒーで見ていくのが
一番わかりやすいと思います。

 

 

Short(ショート) 240ml 280円

Tall(トール)   350ml 320円

Grande(グランデ) 470ml 360円

Venti(ベンティ)   590ml  400円

 

となっています。

 

 

ざっと見てみてもわかると思いますが
わかりやすく見ると、ShortサイズとVentiサイズで比較をした時に
Shortサイズの約2.5倍、Ventiサイズのほうが容量が多い
というのがわかりますよね。

 

 

スタバのサイズでお得というのは
サイズが大きくなれば大きくなるだけお得
という非常にわかりやすいものなのです。

 

 

なのでちょっと多めに飲んでみたいという時や
お気に入りのものを飲みたいという時には
いつもよりやや大きめのサイズで飲んだほうが
値段と比べてもお得であるということ。

 

 

結構この大きければ大きいだけお得になる
ということを知っている人は少ないので
スタバにいつも行っているけど
やっぱり少し物足りない…という人は
是非いつもより大きめのサイズを頼んで
少しお得にスタバを味わってみてくださいね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。