食中毒の症状が出るまでの時間は?家庭でできる予防対策!

この記事は3分で読めます

暑い季節、気をつけたいのが
食中毒の問題ですよね。
度々夏場になると食中毒のニュースが
お茶の間に流れていたりして
自分は大丈夫だろうか…と不安にもなるはず。

 

 

今回はそんな食中毒について注目。
食中毒の症状が出るまでの期間は
どのくらいなのでしょうか?
家庭でできる予防対策についても
紹介していきます!

スポンサードリンク

食中毒の症状が出るまでの期間は?

「食中毒で倒れて…」
というニュースは、ある意味夏の季節では
当たり前の光景になっているかもしれません。

 

 

気をつけていても
防ぎきれない食中毒。
特に暑く湿気も多い夏場というのは
食中毒にかかりやすい季節であるために
多くの人が食中毒になっていますよね。

 

 

食中毒ではなく
食あたりという言葉も耳にしますが
食中毒と食あたりは同じ意味合いの言葉です。

 

 

何故食中毒になってしまうかというと
食べた食品に細菌が入っていたり
それらが毒素を作っていたり
中にはもともと食材に含まれている毒によって
食中毒になってしまうケースがあります。

 

 

食材にもともと含まれている毒というのは
代表的なもので言えば魚のフグキノコ
当てはまりますが
これらは適切な方法で処理をし
調理をすれば毒は抜けるので
あまり多い食中毒のケースではありません。

 

 

夏場に多い食中毒といえば
食べた食品の中に細菌や毒素が含まれていた
ということ。

 

 

何故夏場に多いのかというと
夏の暑い気温の中での
保存方法を考えないと
食べ物は腐ってしまったり発酵してしまったりと
菌が繁殖しやすい環境になってしまい
それがさらに毒を作り出す原因となっていきます。

 

 

それらを食べてしまえば
当たり前ですが体に悪く
食中毒として症状が現れていくということですね。

 

 

食中毒の症状というのは
食べてすぐに現れるものもあれば
時間が経ってから現れるものもあり
だいたい、0.5時間~8日まで
とされているようです。

 

 

症状としては
腹痛下痢が一般的であり
さらに血液が混じるものもあります。

 

 

中には発熱してしまうものもあり
これも食材に含まれていた細菌や毒によって
症状は様々なようですね。

 

 

中には風邪の症状と判断してしまい
食中毒とは違う対処をしてしまって
改善が遅れてしまうということもあるために
夏風邪との区別も難しいというのも特徴。

 

 

もし急にお腹が痛くなってしまったり
発熱してしまった場合には
夏風邪との区別をはっきりさせるためにも
早めに病院に行くようにするといいでしょう。

 

 

夏風邪も食中毒とは違うものの
厄介なものであるために
早めに治療をすることが大切です。

 

 

食中毒の症状には
神経を刺激するものもあるために
対処が遅れると非常に危険な状態になるものもあるので
注意をしましょう。

スポンサードリンク

家庭でできる予防対策!

では、食中毒にならないために
どうすればいいのでしょうか。

 

 

やはり菌を体内にいれない
というのが最善策であるために
出かけて帰ってきた後には
手洗いうがいをしっかりとすること。

 

 

これにより外部からの菌を
流すことになります。

 

 

食材の細菌や毒を予防するためには
食材を調理する前には
しっかりと食材を洗うということ。
意外と食材には菌が付いていることもあるので
しっかりと洗い流すことが大切です。

 

 

そして夏場では最も重要なのが
十分に加熱するということ。

 

 

加熱をすることによって
食材に含まれている細菌や毒は
死滅していきますが
夏場は油断をしてしまっているために
十分に加熱をしていないということもあります。

 

 

さらに他の季節では加熱はそこまで必要なかったものも
夏場だからこそ加熱が必要であるものもあるので
夏場に食材を調理する場合には
しっかりと調理することが大切です。

 

 

また、家庭内で食中毒に感染した人がいる場合
二次感染の可能性もあるので
そちらも注意をしていきましょう。

 

 

今回は夏場の食中毒ということについて
注目をしてきたものの
食中毒は、食材の管理をずさんにしたり
手洗いうがいなどをしっかりしないと
夏だけでなく他の季節でも感染する可能性は
十分にある感染症です。

 

 

食中毒にならないように
注意をしていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。