子供の夏風邪が治らない?症状には悪寒や腹痛、嘔吐など?

この記事は3分で読めます

1年の中でかなり厄介な風邪である夏風邪は
治らないなんてことをよく耳にしますよね。

 

 

中でも子供の夏風邪が治らないと
悩んでいる人も多い様子。
症状など今回は子供の夏風邪について
見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

子供の夏風邪が治らない?

夏風邪は治らない
なんてことは昔から言われていることで
実際に夏風邪をひいてしまうと
なかなか治らない風邪に
イライラしてしまいますよね。

 

 

暑い夏の季節に
ベッドや布団に入ってひたすらじっとしておく
というのも疲れてしまいますし
寝苦しい夏だからこそ
寝て治すというのもきついものがあります。

 

 

何よりも夏といえば
イベントも盛りだくさんなので
夏風邪をひいたおかげで
イベントに参加できなかった
なんて経験がある人もいるでしょう。

 

 

そんな中で特に厄介なのが
子供の夏風邪

 

 

大人と比べると
体はまだ弱く頑丈でもないために
子供の夏風邪は治りにくく
何日も寝込んでしまうことも多くあります。

 

 

また、子供のほうが夏風邪になりやすいため
毎年子供の夏風邪で悩む親御さんが
多いですよね。

 

 

そもそも何で夏風邪になってしまうかというと
夏風邪はウイルス感染によって引き起こされるもので
外の気温、室内の気温の急激な温度差の変化などが
ウイルス感染を引き起こす要因となります。

 

 

気温差・温度差が激しいと
体はそれについていくのがタイへえんで
自律神経が乱れてしまい
結果的に免疫力が低下をしてしまいます。

 

 

そうなるとウイルスが入ってしまい
厄介な夏風邪になってしまうということ。

 

 

さらに夏場は湿気が多い時もあるので
それらがよりウイルスが活発化しやすい環境になっている
ということが言えますね。

 

 

また、子供に多いというのも
実は子供は夏風邪のウイルスをプールでもらってくることが多い
というのが原因の1つとして挙げられます。

 

 

実は夏風邪のウイルスは
目からも侵入するものであるために
プールなどで目からウイルスが入っていsまい
それが夏風邪になってしまうということも多いようです。

 

 

なので手洗いの他にも
目をしっかりと洗い目薬を指すことが
夏風邪の予防になるため
夏を楽しみたいならば
これらのことをしっかりする必要があります。

スポンサードリンク

症状には悪寒や腹痛、嘔吐など?

夏風邪の主な症状というのが
37度を超える熱が続いたり
喉の痛み頭痛など。

 

 

他にも腹痛・下痢やひどい場合や嘔吐など
風邪の中でも辛いものが続くのが
夏風邪の症状の特徴だと言えます。

 

 

さらに厄介な点というのが
免疫力が少なければ少ないほどに
症状はさらにつらいものになるために
小さな子どもが夏風邪を引いた時には
深刻な症状に悩まされることもあるということ。

 

 

夏場ということもあり
脱水症状も引き起こしやすいため
さらに危ない状態になってしまうことも少なくありません。

 

 

もし夏風邪になってしまった場合には
できるだけ睡眠をとること
栄養のとれた食事をすること
そして脱水症状を防ぐためにも
こまめに水分補給をすることが
大切になっていきます。

 

 

睡眠や食事は
体の中の免疫力を強くするものなので
しっかりととるようにしましょう。

 

 

風邪をひいた場合
水分補給は鉄板ではありますが
夏場ということを考えて
普段よりやや多めに水分補給をするように
心がけると脱水症状にならずに
安心できると思います。

 

 

あとは安静にするだけですが
部屋が湿気っぽい感じだと
ウイルスは強くなってしまうので
部屋の換気も忘れずに。

 

 

あまりにも酷い場合は
病院に行くことをオススメしますが
同じよに夏風邪に悩む子供がたくさんいたり
そこからさらにウイルス感染した
なんてこともありえるので
マスクなどを忘れずに行きましょう。

 

 

予約を出来る病院ならば
安心して診察を受けることができるかもしれませんね。

 

 

厄介な夏風邪…
子供はかかりやすく治りにくいものですが
大人でも油断をしているとなってしまうので
子供同様、大人もしっかりと夏風邪にならないように
気をつけていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。