夏でもしもやけになる?予防や治し方について!

この記事は3分で読めます

しもやけって冬になるもの
というイメージを持つ人が多いと思いますが
実は夏にもなるってご存知でしたか?

 

 

夏でもしもやけになってしまう理由とは?
突然夏になったしもやけ…
どう対処していけばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

夏でもしもやけになる?

しもやけ…ときくと
どうしても冬を連想させてしまいますよね。

 

 

しもやけというのはそもそも
体の一部が急激に冷えてしまう・乾燥することによって
腫れたり硬くなったり
かゆくなってしまうことを言います。

 

 

これは血行が悪くなることで起きる炎症なので
寒く冷えやすい冬場に
しもやけが多いというのもこのことから言えます。

 

 

なので、寒くて冷えやすいという環境とは真逆の
夏場にしもやけになるというのは
少し考えにくいことかもしれません。

 

 

しかし、夏場でもしもやけになってしまう人も
意外と少なくなく
悩んでいる人もいるようですね。

 

 

夏といえば
暑いために寒さで血行が悪くなる
という機会は一般的には少ないです。

 

 

ただ、室内にいて
冷房が効きすぎていると
寒くて凍えそうだ、と思う時ってありませんか?

 

 

特に冷え性の人
夏場でも寒さを感じることはあるため
しもやけになってしまう人もいるのです。

 

 

また冷え性の人でなくとも
ストレスや急激な緊張は
血管を収縮させてしまうために
血行の流れが悪くなり
そこから手足の冷えに繋がってしまい
しもやけになってしまうケースもあります。

 

 

日頃から運動不足な人や
栄養不足な人というのも
血行の流れが悪い場合があるので
夏場でもしもやけになりやすいと
言えるみたいですね。

 

 

様々な理由から
このようにしもやけになってしまうため
自分自身がどうして夏場でもしもやけになってしまうのか
という理由を知ることも大切です。

 

 

体質的にもなりやすい人というのはいるので
もし繰り返ししもやけになってしまう人がいれば
一度医師に診察してもらうといいでしょう。

スポンサードリンク

予防や治し方について

夏場のしもやけ
夏といえば一年の中で一番露出をする時期ですし
出来ればしもやけを治したい
という人も多いでしょう。

 

 

足の指先がしもやけになってしまえば
サンダルとかも履きにくいですよね。

 

 

夏を思い切り楽しむためにも
しもやけを治す必要があります。

 

 

やはり血行の流れが悪いというのが
このしもやけの最大の原因なので
血行の流れを良くすることによって
治すことができると言えます。

 

 

やり方はしもやけになっている部分や近くを
軽くほぐすようにマッサージをしてみたり
適度な運動をして血行の流れを良くするように
体を動かしてみると◎。

 

 

他にも体を温めたり…というのは鉄板ですが
夏場に温めるのは厳しいので
夏場ならば軽いマッサージがオススメ。

 

 

また他にもビタミンEを摂るといい
という結果もあるようです。

 

 

どうやらしもやけになりやすい人は
ビタミンEが不足しがちである
という結果が出ているようなので
ビタミンEを中心に食事をしてみると
しもやけ・冷え性・肩こりなどにも良いということ。

 

 

予防としては
運動不足や栄養不足にならないように
健康的な生活を送るということが
一番良いものですが
体質的になってしまう人もいますよね。

 

 

やはり日頃から血行の流れを意識するということの他にも
夏場は外の気温と室内の気温とでは
急激に温度が変わることがあります。

 

 

そんな温度差に体がついていけない
ということもあるので
出来るだけそういった変化がないように
室温を調節してみたり
冷え性だという人は、何か一枚羽織れるものなどを
用意しておくといいでしょう。

 

 

夏場のしもやけ
冬場と比べてやや厄介なものの
しっかりと対処をすれば
治すこともできますし、予防をすることもできます。

 

 

普段から冷え性だという人は
特にしもやけにならないように
前もって予防をしておくと安心かもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。