6月が水無月となった由来とは?水有月の方がしっくりくるけど…

この記事は2分で読めます

6月になり、梅雨だなぁと感じる人もいれば
もうすぐで夏だと感じる人
ロマンチストな人はジューン・ブライドを浮かべる人も
いるのではないでしょうか。

 

 

そんな6月といえば、水無月と呼ばれることもある月。
しかし梅雨の季節でもある6月に
水が無い月というのも不思議ですよね。

スポンサードリンク

6月が水無月となった由来とは?

6月、水無月。
6月ときいてだいたい浮かべるのが
梅雨の季節だということ。

 

 

1年の中でピンポイントでこの6月は
雨に降られる月であるために
嫌だと感じる人もいれば
もうすぐで夏になると夏を感じる人も多いでしょう。

 

 

6月=雨の季節
雨といえば水に関係するものなので
6月は湿気が多いイメージである
という人もいるかもしれません。

 

 

このように、6月と水というのは
切っても切り離せない存在です。

 

 

しかし日本では旧暦6月を
水無月と呼んでいました。
今でも6月を水無月と呼ぶ人や
そのように表記する人もいます。

 

 

何故水が無い月という
正反対の言葉で呼ばれるのか
疑問に思う人もいると思います。

 

 

理由は諸説あるとされており
6月は梅雨の始まりであり終わりでもあるため
その終わりを指し
梅雨が明けたら水がなくなるから水無月
というのが有名なようです。

 

 

他にも水無月のは「な」ではなく連体助詞の「の」であり
水の月であるとも言われていますね。

 

 

さらには地上では水が多いけれど
天は水がなくなることから
水無月と呼ばれていたり。

 

 

このように水無月である由来というのは
諸説は様々で決まっているものがないようです。

 

 

しかしやはりどれもが梅雨、水が多い
ということに関係しており
視点を変えれば確かに水無月でしっくりくる
なんていう説があるのも結構ありますよね。

スポンサードリンク

旧暦の呼び方で
最も有名なものと言えば
神無月ですよね。

 

 

これは日本全国の八百万の神々が
神が集まる出雲へと出かけるために
一時的に神が無くなる月だから
という理由から神無月と呼ばれています。

 

 

なので出雲では
10月を神無月ではなく
神在月と呼ぶというのも有名ですよね。

 

 

旧暦の呼び方に関して
込められている理由や意味というのは
わかりやすいものもあれば
わかりにくいものもあるなど
不思議なものでいっぱいです。

 

 

しかしその背景には
その時代にまつわることがあったり
その時期に丁度起こることを表していたり
由来は知れば知るほどに奥が深く
楽しいものです。

 

 

今となっては
水無月である確かな理由というのは
わかりませんが
自分ではこんな理由から水無月になったのではないか
ということを推理してみるのも
旧暦の楽しみ方かもしれません。

 

 

6月は梅雨の時期で
なかなか外では遊ばずに
部屋にいたり、室内で遊ぶことも多いと思います。

 

 

そんな6月だからこそ
水無月に関する文献や本を読んでみて
読書の月と6月を満喫してみるのも
いいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。