下半身デブの原因とは?効率の良い解消法はストレッチ?

この記事は3分で読めます

そこまで体重は重くないけれど
どうしても下半身が目立ってしまう…。
なかなか下半身だけを痩せることって難しいですし
下半身だけ太ってしまう人というのもいますよね。

 

 

何故下半身デブになってしまうのでしょうか。
下半身デブの原因について見て行きましょう。

スポンサードリンク

下半身デブの原因とは?

下半身が太っていて悩んでいる
結構女性を中心に多いのではないでしょうか。

 

 

下半身デブ、時には洋ナシ体型なんて言われたりしますが
その名の通りに上半身や顔周りはスッキリとしているのに
下半身だけ太ってしまう人のこと。

 

 

下半身だけ太っていると
スタイルが悪く見えてしまうだけでなく
脚も短く見えてしまったり
ファッションも思うように楽しめないなんてことがあります。

 

 

パンツスタイルもピチピチになってしまいますし
スカートは下半身デブにとっては
なかなか勇気が必要なものに。

 

 

上半身はそこまでなのに
何で下半身だけ…と悩んでしまうもの。

 

 

まず何故下半身デブになってしまうのか
原因を見てみましょう。

 

 

最も多い原因と言われているのが
セルライト

 

 

セルライトは太る原因として
よく挙げられるものですよね。

 

 

セルライトとは
老廃物などが固まり合って出来た
皮下組織脂肪のことを言い
とても頑固な存在。

 

 

これらがあるとむくみやすく
太りやすくなってしまうために
セルライト=ダイエットの天敵である
デブの元であるとも言えるわけです。

 

 

セルライトが発生してしまう原因としては
食生活の乱れや栄養バランスの偏りなどが原因
セルライトは作られていきます。

 

 

糖分や塩分をとり過ぎてしまったりすると
体には十分な栄養素が行き渡らなくなるだけでなく
うまく体の機能が働かなくなるために
老廃物が排出されずに、セルライトの原因になります。

 

 

なので下半身デブを防ぐだけでなく
他の部位を太らせないためにも
なるべくセルライトを作らないというのが
コツになると言えるでしょう。

 

 

さらに下半身デブの大きな原因として
骨盤の歪みも挙げられます。

 

 

骨盤の歪みは
姿勢が悪いとあっという間に歪んでしまうため
それが太りやすい原因となり
下半身に脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

 

骨格も歪むために
余計に太っているように見えてしまう
ということが言えますね。

 

 

なので骨格が歪まないためにも
姿勢を良くするということを
意識することが大切になります。

 

 

女性は男性と比べてみると
より下半身が太りやすくなるために
これらのことを注意しなければなりません。

 

 

しかし男性も気を抜いていると
下半身デブになってしまうので
自分は違うから…と思わずに
セルライトや姿勢について気をつけていきましょう。

スポンサードリンク

効率のいい解消法はストレッチ?

では下半身デブで悩んでいる人は
どうすれば解消していけるのでしょうか。

 

 

効率のいい解消法として有名なのは
やはりストレッチですよね。

 

 

下半身デブの原因となる
セルライトや骨盤の歪みというのは
ストレッチをすることによって
改善・解消されていきます。

 

 

ストレッチをすれば
血流がよくなり老廃物が排出しやすい体となり
自然と痩せやすい体となっていきますし、
骨盤の歪みも解消されるので
下半身デブには効果的になっていきます。

 

 

では早速ストレッチ方法について
見て行きましょう。

 

 

やり方は簡単で道具も必要なく
①仰向けに寝ます

②脚を90度に上げます

③八の字を描くように足を動かします

④5回回したら、逆回転させます

⑤これを5セット繰り返すだけ。

 

 

出来れば1日3回くらいこれをやっていくと
下半身痩せに効きますし
ウエストを引き締める効果も得ることができます。

 

 

あとは日頃から姿勢に気をつけたり
栄養バランスを気をつけること。

 

 

これらをしないとせっかくストレッチをしていても
意味がなくなってしまうので
心がけるようにしましょう。

 

 

また出来るだけ、歩くようにしたり
適度な運動を心がけるのも◎。
下半身デブは、そのまま進んでいくと
全身まで太ることに繋がるので
出来るだけ下半身だけを痩せるということは考えず
全体的に痩せるということを意識できるように
頑張りましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。