結婚式二次会のドレスコードって?スマートカジュアルとは何!?

この記事は3分で読めます

人生の晴れ舞台である結婚式。
その場に呼ばれるのはとても光栄なことであるものの
マナーや知識が試される場でもあるために
緊張や不安はつきもの。

 

 

特に結婚式の二次会のドレスコードについて
ちゃんとわかっていない人って結構多いのではないでしょうか。
今回は結婚式の二次会のドレスコードについて
注目していきます!

スポンサードリンク

結婚式二次会のドレスコードって?

結婚式には白いドレスは着て行ってはいけない

というのはおそらくほとんどの人が
耳にしたことがあることだと思います。
これは花嫁の白いウエディングドレスと被ってしまうため
もし白いドレスを着て行ってしまったら
周りからは非常識な人であると、白い目で見られてしまうことになります。

 

 

しかし結婚式のマナーというのは
なんとなくでも知っている人も多いため
そこまで悩むこともないかもしれません。

 

 

では結婚式二次会となるとどうでしょうか。

 

 

意外と二次会となると知らないことも多いため
どういった格好をしていけばいいのか
悩む人も多いかもしれません。

 

 

二次会は平服で良い、ということを聞きますが
日常生活においてあまり聞き慣れない言葉ですし
どういった格好を指すのか難しいところ。

 

 

まず平服というのは何なのか…
これは、略礼装という意味が含まれており
普段着ではなく、かしこまった場において
恥ずかしくない服装のこと。

 

 

結婚式はフォーマル服ですが
それよりもワンランク下げた格好
と思っていいかもしれませんね。

 

 

しかしこれでも具体的な格好というのは
どういったものかわかりません。

 

 

決まりはないものの
女性であればパーティーに出席する気持ちで
男性の場合は会場の格式に合わせて
ということを意識してみると◎。

 

 

まず女性のドレスコードについてですが
会場にはよるものの
ワンピースかスーツが望ましいと言われています。

 

 

ワンピースも派手すぎず
お祝いの場である、ということを忘れずに意識して
選んでみるといいでしょう。

 

 

また可愛さ、綺麗さを意識しすぎて
新郎新婦よりも目立ってしまうというのはNG。
控えめながら上品な格好を意識してみるといいでしょう。

 

 

男性の場合にはスーツがいいでしょう。
女性よりも難しくありませんが
ジャケットを着用するということは
意識してみるのが◎。

 

 

あまりにも派手すぎるスーツや
普段着などはお祝いの場にはふさわしくないのでNG。

 

 

女性共々、新郎新婦よりも目立たない格好で
というのが大きなポイントになるために
個性的になりすぎず、お祝いの場であるということを
忘れないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

スマートカジュアルとは何!?

二次会のドレスコードについて調べていくと
スマートカジュアルという言葉を耳にします。

 

 

スマートカジュアルというのは
先ほど紹介した二次会のドレスコードのような
ラフすぎるのはNGだけどきっちりしすぎてなくてOK
というような格好のことを指します。

 

 

ドレスコードにはフォーマルタイプもありますが
こちらはスマートカジュアルに比べて
もう少しきっちりとした格好のことを指します。

 

 

例えばフォーマルの場合だと
結婚式でのドレスコードや
高級レストランなどでの格好
当てはまりますね。

 

 

結婚式の二次会会場にもよるものの
二次会の場合にはほとんどの人が
スマートカジュアルのドレスコードで
出席しているかもしれません。

 

 

具体的には、女性の場合
ワンピースをはじめとして
ブラウスやスーツなど。
露出が大きめのものは避けたほうが◎。
靴も革靴やハイヒール、おしゃれなミュールなどが
好まれます。

 

 

男性の場合
スーツが多いようです。
ジャケットかブレザーで、シャツはもちろん襟付きで。
そこまで女性よりも意識するポイントは少ないので
ジャケットを意識するだけでOK。
ただしだからこそ周りと差がでるものなので
こういった時の場合にも
おしゃれでスマートなスーツを一着購入しておくと
いいかもしれません。

 

 

結婚式二次会のドレスコードについて見てきましたが
最も重要なことは「新郎新婦より目立たないこと」であると言えます。
個性的すぎてしまうとNGですし
お祝いの場であるということを忘れてはいけません。

 

 

しっかりとドレスコードをして
新郎新婦を心から祝福し
自分自身もいつもとは違った格好を身にまとい
素敵な時間を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。