髪の毛を早く伸ばす方法?伸ばしている途中で我慢できなくなる人必見!

この記事は3分で読めます

髪の毛を伸ばしたい!そう思っても
すぐに伸びるものじゃなくて
途中で挫折して切ってしまうことってありますよね。

 

 

なので、髪の毛を早く伸ばす方法があるのならば
知っておきたいもの。
伸ばしている途中で我慢できなくなる人必見です!

スポンサードリンク

髪の毛を早く伸ばす方法

ロングヘアー、ショートヘアー
それぞれの魅力はあるものの
特にロングヘアーの場合には
ヘアアレンジなどもやりやすくロングのほうがいい
という女性も多いかもしれません。

 

 

また髪を切りすぎてしまった場合などは
一刻も早く髪の毛は伸びてほしいものですよね。

 

 

しかし髪の毛が伸びるスピードというのは
1ヶ月に1㎝が目安だと言われており
なかなか髪の毛は伸びてくれません。

 

 

伸びるスピードには個人差がありますし
なかなか髪が伸びづらいという人もいるでしょう。

 

 

髪の毛をいざ伸ばそうと思っていても
あまり伸びる速度が早くないと
途中で中途半端な長さに嫌気がさしてしまい
切ってしまう、ということもよくあることですよね。

 

 

そんな時のためにも
髪の毛を早く伸ばす方法を知っておくだけで
伸ばしたいと思った時に
かなり役立つのです。

 

 

では早速髪の毛を早く伸ばす方法を
見て行きましょう!

 

 

■ 髪に熱をなるべく与えない

髪はとても繊細なので傷つきやすいものです。
髪が伸びる速度に関係するポイントというのが乾燥しているかしていないか

ドライヤー、コテ、アイロンなどを頻繁に使うと
髪が傷んでしまうだけではなく
頭皮が乾燥をして髪が伸びにくい環境になってしまいます。

出来るだけ熱を当てないように心がけましょう。

 

 

■ 亜鉛を摂る

亜鉛は髪を伸ばすためには必要な栄養素。
なので亜鉛を摂取することによって髪の成長を促すことができる
というわけですね。

亜鉛を含む食べ物というと…

牡蠣、牛肉、チーズ、大豆、緑茶
アーモンド、緑茶、卵黄 など。

他の栄養素も採れるだけでなく、亜鉛自体も健康に良いので
心がけてみましょう。

 

 

■ 頭皮マッサージをする

頭皮マッサージをすることによって
頭の血行を促進し、髪の毛を早く伸ばす手助けをします。

マッサージといっても専門的なことは必要なく
軽く指で叩いたり押したりするだけ。
特にシャンプーをしている時などにしてみるといいでしょう。

頭皮マッサージによって血行が良くなると
髪の毛の伸びるスピードが上がるだけでなく
髪全体に栄養素なども行き渡りやすくなるので
美しく健康的な髪の毛を手に入れることができます。

スポンサードリンク

■ ストレスを溜めない

ストレスを溜めないというのが
髪の毛を伸ばしていく上でもとても重要なこと。

ストレスは薄毛の原因になるだけでなく
体の至る所に影響を及ぼし、美容面・健康面においても
大きな障害となっていきます。

ストレスを溜めないように心がけましょう。

 

 

■ 保湿を徹底する

髪の毛が伸びやすい環境というのが
保湿している状態であるということ。

乾燥していると伸びにくく傷みやすくなるので
保湿を徹底するといいでしょう。

湯船に浸かる時間が長いと伸びやすいといいますが
保湿すればするほどに速度は上がるので
あながち間違いではありません。

また、冬は乾燥しやすい時期なので伸びにくく
夏は伸びやすいということも言われていますね。

 

 

 

髪の毛が早く伸びる方法を紹介してきましたが
そこまで難しいことがなく、簡単に髪の毛を早く伸ばすことができるので
今日からでもチャレンジしていけるものばかりですよね。

 

 

しかしこれらのことをやったとしても
NG行為をしてしまえば髪の毛を伸ばす妨げにもなりますし
髪を痛めてしまう原因にもなってしまいます。

 

 

NG行為というのが
やはり髪を乾燥させるということや痛めるということ。

 

 

髪の毛を早く伸ばすためにも
なるべく髪の毛にはダメージを与えないように気をつける
ということを心がけるのが大切です。

 

 

髪の毛のダメージには紫外線のダメージも含まれるので
帽子や日傘などを使うことも忘れずに。

 

 

また、どんなにこれらの方法を試したとしても
即座に髪の毛が伸びるということはありません。
焦ってもすぐには効果はでませんし
そういった焦りがストレスに発展していってしまうので
髪の毛は早く伸びないもの、という心構えでいるようにしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。