育児休暇の期間は延長できる?給付金の振込日っていつ?

この記事は3分で読めます

昔と比べてみると
育児休暇はわりかし取りやすくなった時代となりました。
しかし育児休暇の仕組みについて
知らないという声も少なくありません。

 

 

中でも育児休暇の期間は延長できるのかと
気になっている人も多い様子。
給付金の振込日と合わせて
今回は育児休暇について注目していきます。

スポンサードリンク

育児休暇の期間は延長できる?

女性の社会進出、少子化の影響によって
時代は子育てがしやすい時代へと
どんどん変わってきています。

 

 

イクメンなんて言葉が出来るように
育児に関して誰もが積極的になりつつあり
男女問わずに育児に参加している
という人は多いでしょう。

 

 

しかし、そこでどうしても悩むのが
仕事の存在ですよね。

 

 

女性も男性も
今では結婚して子供がいても
働いている人は多いために
積極的に育児に参加したくても参加できない
という人もいます。

 

 

中には仕事を理由に
子供を作ることを諦めている人も少なくありません。

 

 

子供も仕事も大切となれば
どっちも選べませんし
仕事は同じ職場や取引先の人との
連携プレイでもあるために
迷惑をかけたら…と思うと
どうしても気が進みませんよね。

 

 

ただ、子供は欲しいと考えれば
仕事はとりあえず休んで
子供のために時間を使いたいという人も多くいます。

 

 

そこで注目したいのが育児休暇
その名の通り、育児をするために会社を休暇することができる精度

 

 

育児休暇は
最長で子供が3歳の誕生日の前日まで
原則として一度取ることができます。

 

 

非常勤職員の場合には
子供が1歳の誕生日の前日と変わるので
注意が必要です。

 

 

対象とならない職員もいますが
ほとんどの場合は育児休暇を取ることが出来るので
改めて確認してみるといいでしょう。

 

 

手続きをするためには
育児休業承認請求書を提出し
承認を受ければ育児休暇を取ることができます。

 

 

この場合、育児休暇を希望する一ヶ月前までに
提出をしなければならないので
こちらも注意しましょう。

 

 

さて多くの人が育児休暇を取る上で
育児休暇の延長はできるのかということを
気になっているようです。

 

 

こちらも原則として一回限り
延長することができます。

 

 

ただし無条件で延長できるというわけでなく
配偶者が入院したり怪我をした場合や
延長をしないと子供の成長に著しく支障をきたす場合など
特別な事情がある時に延長することが出来ます。

スポンサードリンク

給付金の振込日っていつ?

育児休暇をもらっている時というのは
当然ながらお給料が支払われることはありません。

 

 

しかし育児休暇給付金をもらうことができるため
安心して育児に専念することができます。

 

 

ただ、育児休暇給付金の振込日を
誤って覚えている人も多いため
いざ育児休暇に入ってから給付金が振り込まれず
困ってしまう人もいます。

 

 

育児中というのは
何かと頭がいっぱいいっぱいになってしまうので
確認したつもりでいても
うっかりと忘れているなんてこともありますよね。

 

 

育児休暇の給付金は
育児休暇が始まって少ししたら
支給されるようになっています。

 

 

基本的に育児休暇が始まって
2ヶ月後に振込日がくる場合が多いので
育児休暇が始まってすぐに振込日がある
と思わないように気をつけましょう。

 

 

ただ、会社の手続き時期によって
振込日が変動することもあります。

 

 

なので会社に各々振込日を確認しないと
2ヶ月後ではなく3ヶ月後だった
なんてこともありえるので要注意。

 

 

振込日をはじめ
育児休暇を取るというのは
ほとんどの人が慣れていないことだと言えます。

 

 

なのでもし申請する際には
しっかりと会社側と確認を取り合って取るようにすると
あとから勘違いしていたなんてこともないので
わからない、というあやふやな状態にならないように
気をつけましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。