コンビニコーヒーは添加物入りで危険?買い方は簡単!?

この記事は4分で読めます

今ほとんどのコンビニでは
カフェのようにコーヒーを買うことが
できますよね。
美味しく安くて評判で
飲んだことがある人も多いと思います。

 

 

しかしそんなコンビニコーヒーは
添加物入りで危険という噂が!
また買い方が難しそうだけど意外と簡単いうことで
買い方についても注目していきます。

スポンサードリンク

コンビニコーヒーは添加物入りで危険?

カフェに負けず劣らずの美味しさ
そして安さで急増しているコンビニコーヒー

 

 

コンビニというと
何よりも楽さと品揃えの豊富さが売りなだけに
カフェのようなコーヒーを飲めるというのは
よくコンビニを利用する人にとっては
楽ですよね。

 

 

カフェで頼むようなコーヒーが飲みたいと思っていても
近くに手頃なカフェがなかったり
いちいちカフェに行くのも面倒くさい
という人もいます。

 

 

そんな中でコンビニがコーヒーを提供することによって
他の買い物と一緒にコーヒーを簡単に
しかも早く買うことが出来るというのは
かなりのメリットになると言えます。

 

 

しかし、中にはコンビニコーヒーは危険である
という声もありますよね。

 

 

もともとコーヒーを飲み続けると
ガンになるだとかいう声もあるくらいで
コーヒーに関してはそういった不安もつきもの。

 

 

コンビニコーヒーの場合は
食品添加物が入っているという噂もあり
なかなか心配で飲めないという人もいるようです。

 

 

本来食品添加物というものは
多くの食べ物に今では含まれており
コンビニの商品にも多いとききます。

 

 

何故食品添加物が危険と言われているかというと
例えば発がん性物質が含まれているとか
栄養の吸収を邪魔するだとか
そういったことが言われています。

 

 

これが一概に嘘とはいえず
事実でもあるので
食品添加物のデメリット部分だと言えます。

 

 

なので食品添加物が入ってる食品を
頻繁に食べ続けていれば
体には悪いというのもなんとなくわかりますよね。

 

 

例を上げるならば
コンビニ弁当ばっかり食べていると体に良くないぞ
なんてことを耳にしますが
これもそういった理由が挙げられます。

 

 

しかし食品添加物が全て害悪であるというわけでもなく
中には食中毒を予防するものだったり
勿論美味しく見えるような加工をしたり
私達が食べやすいようにということでされている
食品加工だと言えます。

 

 

先人や科学者、研究者達が研究を重ね
危険を最小限にとどめた中で
食品添加物は使用されているので
そこまで悪いものとは言い切れないのです。

 

 

ただ食品添加物が入っていないものを食べる
というのは一番安全なことにはかわりないかもしれません。

 

 

さて、本題であるコンビニコーヒーには
食品添加物が含まれているのかいないのか…についてですが
どのコンビニもドリップコーヒーとして
提供をしていると思います。

 

 

専用のバリスタに
コーヒー豆を入れて、焙煎し、抽出しているので
食品添加物は含まれていません。

 

 

本格コーヒー、カフェのようなコーヒーだからこそ
今ブームとなって売れているのもあるので
そのままコーヒーが最初からできていて提供するというわけでなく
1つ1つしっかりと作っているために
食品添加物は入っていないのです。

 

 

ただし、コーヒーに入れるミルクなどは
食品添加物が入っているので
食品添加物は控えたいという人は
ブラックコーヒーのまま飲むようにしましょう。

スポンサードリンク

買い方は簡単!?

手軽に本格コーヒーを飲めるということで
コンビニコーヒーは
今やコーヒー好きにはたまらないものとなってきました。

 

 

コーヒー豆を焙煎、抽出しつくられるコーヒーは
カフェ顔負けの本格派ですし
気軽にコンビニでコーヒーを変えるというのは
嬉しいですよね。

 

 

しかし中には
買い方がわからなくて未だ飲んだことがない…
という声も少なくありません。

 

 

確かに複雑な感じもしますが
覚えてしまえば簡単なので
是非買い方を覚えて、コンビニコーヒーを飲んでみましょう!

 

 

今回は、セブン-イレブンファミリーマート
ローソンの御三家のコーヒーの買い方について
簡単に見ていきます。

 

 

まずはセブン-イレブン
アイスはだいたいアイスコーナー
氷が入っているコーヒーカップが置いてあるので
それをレジに持って行き、お金を払います。

 

 

購入をしたら、蓋を外してコーヒーメーカーに
カップをセットし、購入したサイズのボタンを押すだけ。

 

 

ホットの場合には
レジに行き「ホットコーヒーのレギュラーサイズ(またはラージサイズ)をください」
と言えば買うことができます。

 

 

店舗によってはアイスコーヒーも
レジにて言う場合があるので、アイスコーナーになければ
訪ねてみるといいでしょう。

 

 

次にファミリーマートローソンですが
この2つは、どちらもレジにて欲しいコーヒーを言い
料金を払うという形になっています。

 

 

あとはセブン-イレブンと流れは同じで
コーヒーメーカーにカップをセットし、
購入したサイズとコーヒーの種類を選択すれば
コーヒーを飲むことができます。

 

 

なのでこうしてみてみると
買い方についてはそれほど難しくはありません。

 

 

難しいと言えばコーヒーメーカーの操作が不安…というものなので
もし不安な場合には店員に訪ねてみるといいでしょう。

 

 

コンビニコーヒーはコンビニによって味も違ったり
種類も違ったりするために
飲み比べをしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

是非コンビニコーヒーを一度飲んでみて
その美味しさと手軽さを確かめてみてください。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。