父の日 義理の父にメッセージを贈ろう!手紙の書き方は?

この記事は2分で読めます

母の日も過ぎ去って束の間
6月と言えば父の日が待っていますよね。
自分の父、または義理の父に
何をあげるか決まっていますか?

 

 

そんなプレゼントと共にあげたいのが
感謝の気持ちを込めた手紙。
今回は手紙の書き方について
注目していきます。

スポンサードリンク

父の日 義理の父にメッセージを贈ろう!手紙の書き方は?

デパートなどに行くと
すでに父の日のギフトが取り扱われていたり
皆さんは父の日に何をあげるか
もう決まっていますか?

 

 

父の日は6月の第3日曜日
母の日はカーネーションでしたが
父の日にはバラを送るのが
一般的ですよね。

 

しかしお父さんの好きなものをプレゼントしたり
デパートなどに行くと
様々な商品が用意されているので
今ではバラよりも物をプレゼントする人のほうが
多いかもしれません。

スポンサードリンク

さて、そんな父の日
プレゼントをあげるのも良いですが
それにさらにプラスして
手紙を添えてみるというのはどうでしょうか。

 

 

日々の感謝の気持ちを込めた手紙
プレゼントと共に渡せば
きっとお父さんも、義理のお父さんも
喜んでくれることは間違いなし。

 

 

しかしいざ手紙を書こうとしても
書き方がわからない…
頭を悩ませる人も多いようですね。

 

 

決まった書き方はないものの
気をつけたいのが言葉遣いや敬語で
丁寧に書くということ。

 

 

いくら気の知った相手だったとしても
相手は自分のお父さんであったり
義理のお父さんなので
いつもは砕けたしゃべり方をしていたとしても
手紙では敬語・丁寧語で書くようにしましょう。

 

 

次に素直な気持ちをしっかりと書くこと。
せっかく手紙を書くのだから
何か上辺のような感じでは寂しいですし
普段言えないような気持ちを
素直に手紙に表して
感謝をするようにしましょう。

 

 

そして最後には
体に気を付けてね
添えることを忘れずに。
毎日しっかりと働いている、または働いていてくれた
お父さん。
体はきっと疲れているはずなので
気遣った文章を入れると◎。

 

 

全体的に内容は
簡潔のほうがいいものですが
自分のお父さんや義理のお父さんに
渡す手紙でもあるために
例え簡潔ではなく、長文になったとしても
あまり問題はありません。

 

 

気持ちがこもった手紙をもらって
嫌な人はいないと思うので
自分が日々思っている感謝の気持ちを
書ければ父の日の手紙はそれでOK。

 

 

添える手紙やメッセージカードの
大きさに合わせて文章の長さを
考えてみるといいかもしれませんね。

 

 

手紙は普段口では言えないことを
素直に書くことのできるものなので
少し照れくさい…という気持ちがあっても
書いてみると結構自分にとっても
良かったなぁと思えるものです。

 

 

父の日のプレゼントが決まらない
という人も
プレゼントがなかなか決まらなかったとしても
手紙を用意しておくだけで
お父さんや義理のお父さんも
喜んでくれると思います。

 

 

父の日まであと少し。
プレゼントと共に
気持ちを込めた手紙を渡して
父の日を大成功させてみてくださいね!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。