赤ちゃん顔の日焼け止めはいつから?赤いぶつぶつになる?

この記事は3分で読めます

そろそろ夏の日差しも暑さを増してきて
本格的に日焼け対策を始めている人も
増えてきていますよね。

 

 

そこで疑問ですが
赤ちゃんって日焼け止めは
いつから使っていいのでしょうか?
繊細な赤ちゃん名だけに
使いどころが難しそうですよね。

スポンサードリンク

赤ちゃん 顔の日焼け止めはいつから?

日差しから肌を守るために
欠かせないのが日焼け止め。

 

 

特にこれからの暑い夏の季節には
必需品ですし
薬局などに行ってみると
様々な種類の日焼け止めが売られていますよね。

 

 

日焼け止めを使わないと
肌に大きなダメージを与えることになるので
皮が向けたりヒリヒリと傷んだり
また今は大丈夫でも将来的にシミの原因になったりと
肌にとっていい事は1つもありません。

 

 

最近の日焼け止めは
どんどん効果も上がっているために
しっかりと肌を守ってくれたりするので
安心して使っていけますよね。

 

 

しかし、赤ちゃんに日焼け止めを使いたいと思った時って
気軽に使うことってできませんよね。

 

 

生まれてからまもなく
まだ肌もフワフワとしていて
丈夫ではない体。

 

 

そんな赤ちゃんが
強い日差しを浴びたら
普通の大人よりも大きなダメージは予想できるものの
だからといって日焼け止めを塗って
ダメージがないとはいいきれません。

 

 

人によっては
日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまうという人もいるので
まだまだ生まれたばかりの赤ちゃんも
おそらく肌が荒れるのではないかな…なんて
心配になるものです。

 

 

そもそも赤ちゃんに日焼け止めは必要なのか
ということも疑問に思う人がいますが
赤ちゃんは普通の大人と比べると
紫外線やダメージを受けやすいデリケードな肌なので
もし強い日差しを浴びてしまったら
肌が荒れてしまう、水ぶくれになってしまう
将来的にシミになってしまったり
皮膚がんになる確率が高くなっていきます。

 

 

肌がまだ弱いため
影響はかなり受けやすいので
なるべく日焼け対策をしておいたほうがいいと言えます。

 

 

では日焼け止めに関してですが
日焼け止めも肌が荒れてしまうこともあるので
生後3ヶ月くらいは
市販の日焼け止めは使わないようにしましょう。
不安であれば生後6ヶ月は
塗らないほうがいいかもしれませんね。

 

 

この期間は出来るだけ直射日光を当てないように気をつけて
工夫をするといいでしょう。

 

 

実際に日焼け止めを使う時というのは
例えば紫外線が多い時間帯である
10時から15時の間にやむを得なく出かけることになった場合は
塗ったほうがいいでしょう。
ただ塗らないに越したことはないので
出来るだけ外出は控えた方がいいと思います。

 

 

なので実際に日焼け止めを本格的に使うのは
赤ちゃんが歩き出すようになってから。

 

 

歩き出すようになってくると
ベビーカーで日焼け対策をしたとしても
歩きまわってしまうと思いますし
運動量も活発になるので
どんどん外の世界へと出ていきます。

 

 

日焼け止めも赤ちゃん用の日焼け止めがあるので
そちらを使うようにしましょう。
大人が使うような一般的な日焼け止めは
まだ赤ちゃんにとってはダメージが強いので
控えるようにしてください。

 

 

また日焼け止めを塗ったその日は
しっかりとお風呂で日焼け止めを落とすことが大切
石鹸で優しく洗えば落とせるものなので
水だけで流すのではなく、しっかりと洗ってあげてください。

 

 

ただし日焼け止めによっては
落とし方が異なるものもあるようなので
使った日焼け止めの注意事項などをしっかりと確認した上で
使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

赤いぶつぶつになる?

赤ちゃんの肌は非常にデリケート
なんと大人の肌の半分しか
肌の厚さがないのです。

 

 

なのでちょっとした日焼けでも
肌にとっては大ダメージ。

 

 

時には赤いぶつぶつのようなものが出てしまうこともあります。

 

 

これは紫外線トラブルの1つで
紫外線を多く浴びてしまうと
肌に異常が出て、湿疹が出てしまうというもの。

 

 

赤ちゃんは特に周りの環境に影響を受けやすいので
他の理由でも湿疹が出てしまうことはありますが
もし湿疹が出てしまった時に
長時間紫外線を浴びたなど心当たりがある場合は
紫外線が原因で出てしまう湿疹だということです。

 

 

これは外出時だけでなく
例えば家の中だったとしても
日当たりの良い場所でお昼寝をして
湿疹が出てしまうこともあるのです。

 

 

なので出来るだけ紫外線に当たらないように
室内でも直射日光が当たらない
風通しの良い場所で寝かせるのがベストですし
出来るだけ外出はしないほうが
赤ちゃんのためにもいいと言えます。

 

 

もし赤ちゃんに湿疹などが出てしまった場合は
早めに医師に相談をしにいきましょう。
赤ちゃんは泣くことでしか表現ができないため
見落としてしまうサインもあります。

 

 

もし何かおかしいと感じたら
すぐに行くようにして
赤ちゃんを守れるように頑張りましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。