眠りが浅い原因とは?気になる不眠症の解消法は?

この記事は3分で読めます

朝起きてもスッキリと目覚められない
寝た気がしない…ということや
夜中ちょっとしたことで目が冷めてしまうと
なかなか睡眠で休息を取ることもできませんよね。

 

 

眠りが浅い原因とは何なのでしょうか。
なかなか寝付けないという不眠症の人も悩みなど
今回は睡眠に注目していきます。

スポンサードリンク

眠りが浅い原因とは?

例えば家族と一緒に住んでいる時
夜中にふとした物音で置きてしまったり
足音がするだけで覚醒してきてしまったり
自分はぐっすりと寝たいのに
眠りの浅さに落胆する人って
結構多いのではないでしょうか。

 

 

眠りが浅いと寝た気がしないということや
夜中に起きてしまうこともあるために
朝目覚めた時にスッキリとした目覚めにならずに
やや疲れが溜まった状態での起床となります。

 

 

睡眠は体を休めるためにも大切ですし
質の良い睡眠をすればするほどに
次の日は快適に過ごせますし
集中力も上がってくるので、学校の授業や仕事など
捗ってくるものです。

 

 

なので眠りが浅いから
次の日支障をきたすことも多いことって
結構あると思います。

 

 

何故眠りが浅くなってしまうのでしょうか。
出来ることならぐっすりと眠りたいですし
朝の目覚めも気持ちよくしたいですよね。

 

 

では早速原因を見て行きましょう。

 

 

まず眠りが浅くなってしまう最大の理由というのが
脳が覚醒状態にあるからだ、と言えます。

 

 

ぐっすりとした睡眠を取るためには
脳がリラックス状態になっていないとNGで
眠りが浅い人は寝ている間も脳がリラックスしていない
覚醒状態にあるからだと言えるでしょう。

 

 

では何故脳が覚醒状態にあるのかというと
具体的な理由としては

・カフェインを摂取していた

・就寝前に過度に冷たいもの または 熱いものを飲んだ

・睡眠3時間以内に食事をした

・就寝前に考え事をした

・就寝前に携帯をいじっていた

などが挙げられます。

 

 

カフェインは言わずもがな
コーヒーなどを就寝前に飲むと寝れなくなると言いますし
今日は寝ないで徹夜をするぞという時や
眠気を覚ますためにコーヒーなどカフェインが入っているものを
飲むことはよくあることだと思います。

 

 

就寝前の考え事は結構している人も多いかもしれませんが
それによって脳が複雑に働いていくために
リラックス状態になれず、質のいい睡眠がとれないことに繋がります。

 

 

しかし、眠りが浅い人の中で
おそらく最も多いとされるのが
就寝前に携帯をいじっていた等のこと。

 

 

もしかしたら習慣化している人も多いかもしれませんが
携帯やスマートフォンを寝る前にいじってしまうことによって
それらの光が目を覚まさせてしまうことになりますし
情報を頭の中に入れていくことになるために
脳は覚醒状態になってしまいます。

 

 

寝る前に明るく強い光を見てしまうのも
眠りが浅くなってしまう原因になるので
注意して見るといいでしょう。

 

 

また、起床時間や就寝時間が一定でないと
体がそれについていけないということもありますし
日々適度な運動や日光の光を浴びていないと
なかなか体はリラックスモードになりません。

 

 

自分の日常生活において
眠りが浅くなってしまう原因はどこかに潜んでいるはずなので
日々の行動などを振り返って改善してみると
思ったよりも簡単にぐっすりと寝付けるかもしれませんね。

スポンサードリンク

気になる不眠症の解消法は?

眠りが浅いという悩みの他にも
不眠症であるという悩みを抱えている人もいると思います。

 

 

不眠症になってしまうと
なかなか寝付けないことにストレスを感じてしまいますし
やっと寝付けたと思っても睡眠時間が短くなれば
朝の目覚めは気持ちよくありません。

 

 

睡眠不足にもなるために
日中眠気が続いているなんてこともあるでしょう。

 

 

何故不眠症になってしまうのかということも
先ほど紹介した眠りが浅い原因ともつながってきます。

 

 

脳が覚醒状態にあれば
なかなか寝付けないのも当たり前ですし
例え眠れたとしても眠りが浅いために
すぐに目が冷めてしまいます。

 

 

不眠症の主な原因んとしては
眠りが浅い原因と同じですが
他にも、寝る時の室温などが合っていない場合
枕やベッドなどが体に合っていないということもあります。

 

 

ではどうすれば解消できるのか
まずはリラックスすることが大切なので
携帯などをいじったり、カフェインが含まれるものを摂取しなかったり
他にも大切なのが悩み事や心配事などを
考えないということ。

 

 

体を温めれば自然と眠りやすくなるため
出来るだけお風呂に入った後はすぐに
横になるのがベストだと言えます。

 

 

またアロマなどを使って
リラックスをすることもいいですし
アロマは睡眠を促す効果だけではなく
美容や健康にいいものまであるので
見てみるといいかもしれませんね。

 

 

不眠症で一番やってはいけないのが
寝ることを強制することや
寝なきゃいけないと焦ること。

 

 

それらはストレスになって
睡眠が浅くなってしまうということや
不眠症をさらに深刻なものにするために
リラックスすることを忘れずに
焦らず不眠症を解消していきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。