犬と猫の肉球の違いって?カサカサにひび割れしたときのケア方法?

この記事は3分で読めます

犬や猫、本当に可愛いし癒やされますよね!
普段の姿が愛らしいということもありますが
結構肉球が好きだという人も多いと思います。

 

 

そんな肉球、犬や猫にあるものですが
肉球に違いってあるのかご存知ですか?
またせっかくの肉球がカサカサにひび割れしたときって
どうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

犬と猫の肉球の違いって?

ふにふにとして柔らかく
なんとも可愛らしい肉球

 

 

肉球があるからこそ
より犬や猫が可愛く感じる
ということはあるかもしれませんね。

 

 

そんな可愛い肉球といえば
キーホルダーなどにもなっていたりと
肉球の虜になっているという人が多いのも事実のようです。

 

 

さてそんな肉球ですが
犬と猫で違いってあるのでしょうか?

 

 

肉球なんだから一緒のはずだ!
と思うものの
やはり違う生き物としては
何か違いがあるのではないか…と思いますよね。

 

 

犬と猫の肉球の違いについて
大きな特徴を1つ言うのであれば
肉球の厚さが違い、構造も違うと言えます。

 

 

まず犬の肉球の場合
猫と比べると肉球は分厚く頑丈であり
寒いところでも走れるように肉球の中の血管も
やや特殊な仕組みで配列されているということ。

 

 

犬はそんな頑丈な肉球を持っているので
地面を駆け巡ることに長けていたり
冬場や、雪国でも問題なく遊びまわる事ができる
ということです。

 

 

次に猫の肉球の場合ですが
猫は犬と比べると肉球は薄く
汗腺が発達していることもあり
少ししっとりとしています。

 

 

猫は歩くと静かで、足音を立てない時もありますが
そういった肉球の作りであるからこそ
出来る歩き方なのです。

 

 

犬と比べると薄い肉球のため触覚も発達していることから
猫はよく動くもので遊んでいたり
自分の顔を洗っていたりしますが
柔らかい肉球だからこそ器用に手足を使うことができる
ということなのです。

 

 

もし自宅で犬と猫を飼っているという人は
犬と猫の肉球を触って違いを確かめてみるといいかもしれませんね。

 

 

似ているようでいて
結構硬さや触り心地も違うので
同じ肉球でも大きな違いがあるということが
わかるかと思います。

スポンサードリンク

カサカサにひび割れしたときのケア方法?

飼っていた犬や猫の肉球を見たら
カサカサになってひび割れしていた!

 

 

とても痛そうですし可哀想なので
なんとかしてあげたいですよね。

 

 

特に犬はカサカサになりやすく
悩んでいるという飼い主さんも多いかもしれません。

 

 

まずカサカサになってしまう理由というのが
人間のお肌と同じで乾燥やダメージによるもの。

 

 

外でも飼っている猫がいる
という人も当てはまるものですが
地面というものは人間が思っている以上に
罠が多いものなのです。

 

 

例えば夏場、暑い時期の散歩は人間でも嫌になりますが
そんな暑い日差しの中
アスファルトなどの地面はどうでしょうか。

 

 

気温よりも遥かに熱くなっている地面は
例えるならば鉄板のようで
その上を犬や猫が歩くとなると
何にもならないわけがないですよね。

 

 

そういったことから乾燥をし
カサカサになり、時にはひび割れをしてしまいますし
そこからバイキンが入り化膿してしまい
最悪歩けなくなってしまうなんてこともあるのです。

 

 

人間の肌も手入れをしていないと
すぐにカサカサしてしまいますし
乱暴に扱うことがあればすぐに傷が出来てしまいますが
犬や猫の肉球だって同じことが言えるのです。

 

 

しかし犬や猫は「痛い」「つらい」なんてことは言えないので
しっかりとこちらが気付いてあげることが大切なのです。

 

 

では、そういった時やそうならないための
肉球のケアの仕方について見て行きましょう。

 

 

これは結構簡単なもので
ペットショップなどで売られている
肉球専用のケアクリームなどを定期的に塗ってあげるだけで
ケアをすることができるのです。

 

 

本来犬や猫にとっては
肉球を触られることに慣れていないということもあり
嫌がられてしまうこともあると思いますが
徐々に慣れていくものなので続けていくと◎。

 

 

しっかりと肉球のケアをして
犬と猫を守っていきましょう!
ただ、あまりにも酷い場合や心配の場合には
一度動物病院に連れて行くことをオススメします。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。