鎌倉観光アジサイが見れる穴場スポットは?雨の日に行くならココ!

この記事は3分で読めます

過ごしやすい春ももうすぐで終わりを告げて
そろそろ夏の雰囲気を感じる今日この頃。
しかし夏の前にくるのが梅雨ですが
梅雨といえばアジサイが綺麗な季節ですよね。

 

 

今回はアジサイシーズン到来ということで
鎌倉のアジサイの名所や穴場スポットに注目!
今年の梅雨は美しいアジサイを見て
過ごしてみるのはいかがですか?

スポンサードリンク

鎌倉観光アジサイが見れる穴場スポットは?

4月の春を感じさせる雰囲気から
5月を迎え、そろそろ6月に入っていきます。

 

 

6月というと
梅雨の季節ということもあり
やや憂鬱になっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

確かに雨がたくさん降ると
外出も面倒くさいですし、洗濯物も干せません。
湿気で思うようにヘアスタイルがセット出来ない
ということもあります。

 

 

そんな日々が毎日続く梅雨は
比較的歓迎されない季節かもしれませんね。

 

 

しかしそんな梅雨といえば
嫌なことばかりではないのも事実で
美しく可愛らしいアジサイのシーズンでもありますよね!

 

 

雨の日、少し憂鬱な気分で出かけても
外出先などで見かけるアジサイ
少し気分が晴れたことがあるという人は多いでしょう。

 

 

色とりどりのアジサイは
見ていて全然飽きないもので
アジサイ好きにとっては梅雨の季節というのもの
そこまで悪いものではないかもしれません。

 

 

美しいアジサイを見ることが出来る場所といえば
アジサイの名所がたくさんある鎌倉
梅雨の時期は人気観光地として賑わいをみせています。

 

 

普段も鎌倉は人気観光地ですが
年に一度のアジサイのシーズンは
さらに盛り上がるかもしれませんね。

 

 

なので梅雨にアジサイを見るために
鎌倉に行くとなると
結構混雑をしていたりして
ゆっくりアジサイを見ることが出来ない
なんてこともあります。

 

 

ジメジメとした梅雨を
アジサイを見て乗り越えようと思っていても
ジメジメに加えて人が混雑していれば
せっかくの嬉しい気持ちも台無しに。

 

 

なので穴場を知っておくことが
鎌倉でアジサイを見るために
必要なことだと言えます。

 

 

しかし鎌倉でアジサイの名所を
混雑を避けて見れる穴場という穴場は
ないのも事実。

 

 

そこで気にしたいポイントが時間帯
時間帯を考えることによって
混雑を避けることができるのです。

 

 

オススメのスポットというのが
江ノ島電鉄長谷駅から徒歩5分の場所にある
長谷寺

 

 

ここは美しいアジサイを見ることもできますが
竹林も一緒に見ることが出来るため
息を呑むほどに美しい光景を
見ることができます。

 

 

近くにある海と街並みも
見ることができるため
アジサイだけでなく、絶景も見ておきたい
という人は是非立ち寄りたい場所。

 

 

他にもたくさんのアジサイの名所が
鎌倉にはありますが
これらのスポットを巡るならば
平日の午前中、が比較的人も少なく
ゆっくりとアジサイを見る事ができる時間帯なので
狙っていくといいでしょう。

 

 

お昼過ぎから夕方にかけては
人が最も多く訪れる時間帯なので
場所によっては入場規制されることもあります。

 

 

時間に余裕があるのならば
平日の昼間に訪れるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

雨の日に行くならココ!

アジサイを見に鎌倉に行く。
しかしそうなると高確率で
雨の日に当たるものです。

 

 

晴れている時にアジサイを見ることができれば
雨を気にせずにじっくり鑑賞することができるので
出来るだけ晴れている日がいいものの
アジサイのシーズン=梅雨ということを考えると
雨の中でアジサイを見るということを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

 

さてそんな雨の中でも
楽しんでアジサイを見ることが出来るスポット。
気になりますよね!

 

 

雨の日はここがいい!という場所はないものの
雨の日でも楽しめる場所として
多くのアジサイの名所であるお寺が挙げられます。

 

 

先ほどもみたとおり
長谷寺はじめとしたスポットは
雨の日でも楽しめるスポットなので
訪れてみるといいかもしれませんね。

 

 

アジサイといえば明月院が有名ですが
やはり明月院のアジサイは美しく人気なので
雨の日でもかなり混雑が予想されます。

 

 

なので雨の日に鎌倉に行くことがあれば
有名ドコロは避けるか
または時間を見計らって訪れてみるといいでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。