爪を噛む人の心理とは?子供でも簡単に癖を直す方法はある?

この記事は3分で読めます

幼い時は爪を良く噛んでいた
という人はいると思いますが
たまに大人になっても爪を噛んでいる人って
結構みかけますよね。

 

 

何故爪を噛んでしまうのでしょうか。
それはどうやら心理と関係あるようで…。
また子供のうちの爪を噛む癖ですが
簡単に直す方法もあるようですね。

スポンサードリンク

爪を噛む人の心理とは?

爪を噛む癖がある
子供の頃は結構噛んでいたという人もいれば
大人になってからも噛んでいる人も少なくなく
見かけることも多いですよね。

 

 

正直あまり見ていていい光景ではないですし
大人なのに爪を噛むなんて…
思った事がある人も多いのではないでしょうか。

 

 

何故爪を噛んでしまうのか
これは無意識のうちに出てしまう癖であるために
やろうと思ってやっているわけではないとも言えます。

 

 

癖というものは爪を噛むことを含めて
無意識のうちにやってしまう心理的な衝動であり
何か理由があってやっているとも言えます。

 

 

勿論中には爪を切るのが面倒くさいから
爪を噛んで切っているという人もいるかもしれませんが
今回は爪を噛む人の心理について注目をしていきます。

 

 

よく爪を噛む人は甘えたがり屋だとか
寂しがり屋だなんてことを耳にしますよね。

 

 

そう考えると聞こえはいいものですが
まず認識してもらいたいことが
爪を噛む行為というのはたとえ癖であったとしても
自傷行為であるということ。

 

 

なので心理的に見たとしても
あまり良い意味で噛んでいるとは言えないのが事実です。

 

 

子供、大人と分けてみると
少しの違いはあるものの
共通することと言うのが【欲求不満】だということ。

 

 

例えば子供の場合には
親からの愛情不足を感じたり、自分を見てほしいという時に
爪を噛み、自傷行為をして自分に注意を向けてほしい
という気持ちの現われから。

 

 

大人の場合には
苛立ちや自分の感情のコントロールがうまく出来ず
情緒不安定になっている時など
爪を噛んでしまうのです。

 

 

子供時代には多く見かけ、大人になりつつこの癖がなくなっていくというのは
自分自身の欲求や感情の整理を大人になればなるほど
うまくコントロールしていけるから【自制心】があるから
大人になれば子供のうちの癖というものはなくなっていきます。

 

 

やはり爪を噛むという行為は
自傷行為でもありますし、見た目的にも良くないため
大人になればなるほどに
自分の中である程度セーブが出来るというもの。

 

 

しかし近年ではストレス社会であったりするために
自制心がうまく育たないということや
感情が爆発してしまう機会ということも多くなるため
大人になっても爪を噛む人というのは
いるようですね。

 

 

確かに寂しがり屋、甘えん坊とも言えますが
【欲求不満】という大きなところからくるものだと考えると
それらを解消していき、爪を噛む癖をなんとかして
改善していきたいですよね。

スポンサードリンク

子供でも簡単に癖を直す方法はある?

爪を噛む癖というものは
本人にとっては無意識にやっているものであるために
なかなか簡単に直すということはできないかもしれません。

 

 

しかし直せないというわけでもないので
出来ることならば直したいものです。

 

 

直すとするならば
大人になってからは癖は習慣として定着をしているために
それを直すのはなかなか骨がいるものになるため
もし自分の子供が爪を噛む癖を持っているのならば
早いうちに癖を直すことが大切です。

 

 

まず子供が爪を噛んでしまう心理的な理由として
【愛情不足】が挙げられるために
最近子供のことを可愛がってあげていたか
他のものに視線を向けすぎていなかったのか
ということを振り返ってみましょう。

 

 

そして一番いけないこと
爪を噛む事に関して怒ってしまうこと。
子供は怒られるとそれをストレスと感じてしまうので
逆効果になる場合もあります。

 

 

「爪を噛んでいると恥ずかしい事なんだよ」
など爪を噛むことが間違いであるということを
優しく教えてあげることがベストなので
怒らずにそっと歩み寄ってあげましょう。

 

 

爪噛み防止グッズなども販売されていますが
子供は理解することができれば
それをやらない物分かりの良さもあるので
原因を突き止めて、爪を噛むことが危険であり恥ずかしいことである
ということを教えてあげましょう。

 

 

さて、大人に関してですが
こちらは原因を突き止めて、原因を解消させることが
爪を噛む癖を直していくことになります。
また、爪を噛まないという意識の強さも必要になるので
子供と比べてみるとかなり根気がいることですが
もし直したいと思うのであれば
頑張ってみましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。