尿路結石の症状に吐き気や腰痛?気になる原因や予防法は?

この記事は3分で読めます

30代~60代の主に男性に間で多い病気の1つ
尿路結石。

 

 

症状も辛くなるべくかかりたくないものの
突然の時に備えておきたい場合や
予防法なども知っておきたいですよね。
今回はそんな尿路結石について注目していきます。

スポンサードリンク

尿路結石の症状 吐き気や腹痛?

尿路結石ときくと
男性の病気というイメージが強いですよね。

 

 

実際は女性にもかかる病気ではあるものの
30代~の男性に多い病気でいて
女性はほとんどかからないものだと言えます。

 

 

身近にいなかったとしても
年齢とともに自分が尿路結石になるのではという不安や
もしかしたら周りに尿路結石悩んでいる人がいる
という人もいるかもしれませんね。

 

 

尿路結石になってしまうと
尿をした際に激しい痛みが走ったり
血尿をしてしまうことがあります。

 

 

尿路結石というのは
尿の通り道であるじん肺、腎盂、尿管、膀胱、尿道などに
結石ができてしまうことによって生じてしまう病気

 

 

こうなってしまえば
尿を足すのも億劫になってしまいますし
大きなストレスとなってしまいます。

 

 

主な症状としては
腹部から腰のあたりにかけて全般の腹痛
吐き気嘔吐など。

 

 

腹痛にも様々な種類があり
下腹部や側腹部、腰背部などが
激しく痛むというもの。

 

 

通常の腹痛とは痛みが違ったり
部位もかなり異なってくるので
もしいつもと違った激しい痛みが出た場合には
尿道結石を疑ってもいいかもしれませんね。

 

 

これらの腹痛の場合には
さらに吐き気や嘔吐などの症状も出てくるので
要注意が必要です。

 

 

急にこれらの痛みに襲われた場合は
あまりの耐え難い痛みに
救急車で運ばれることも多いようなので
気付いたら救急車の中だった
ということもあるかもしれません。

 

 

こういった痛みが酷い場合には
我慢をせずにすぐに医師に見てもらい
対処してもらうことが最善なので
すぐに病院に行くようにしましょう。

スポンサードリンク

原因や予防法は?

さて恐ろしい尿道結石。
救急車で運ばれることが多いときくと
原因や予防法についてなども
ききたくなりますよね。

 

 

突然会社などで痛みに襲われたとしたら…
と考えると仕事にも支障がでるかもしれないと
不安になる人も多いと思います。

 

 

原因には様々なものがありますが
尿路の形に異常が出ていたり
感染症、カルシウム濃度の高まりなどが挙げられます。

 

 

尿路の形に異常が出るものは
尿道狭窄症と呼ばれるものであり
先天症の場合や事故などで内視鏡手術の際についた
傷などから発症します。

 

 

バランスのとれた食事をしていなかったり
水分を摂るにあたってもカルシウム濃度が高いものばかりを摂取となると
尿道結石になりやすくなってしまう
ということですね。

 

 

他にも長期間横になる、寝たきりになっていると
なりやすくなってしまうので要注意が必要です。

 

 

もし尿道結石になってしまった場合には
尿道に出来た結成を摘出する場合は
手術によって結石を粉砕する方法
また、結石が小さい場合には水を大量に飲んだり
薬での治療が行われます。

 

 

結石の大きさや場所によって
治療法が異なってくるので
医師と相談をしてみてくださいね。

 

 

また、尿道結石にならないためにも
予防法を知っておくのも大切。

 

 

尿道結石にならないためには
適度な運動やバランスのとれた食事など
規則正しいをしっかりと送るというのが
大きなポイントになってきます。

 

 

他にも十分な水分を摂取することも大切であり
カルシウムがあまり含まれていない水分
特に麦茶などのお茶を飲むということは
尿道結石の予防法の中でも特に有名なものですよね。

 

 

尿道結石の痛みに突然襲われないためにも
日々規則正しい生活を心がけることが
尿道結石だけではなく他の病気の予防にも繋がるので
健康面を気にかけ、気持ちのいい毎日を
送っていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。