低炭水化物ダイエット問題点はリバウンド?失敗しないコツは!?

この記事は3分で読めます

ダイエットの中でも実践している人が多いのが
低炭水化物ダイエット。
炭水化物抜きダイエットとしても
有名ですよね。

 

 

しかしこの低炭水化物ダイエットですが
多くの人がリバウンドを経験しており
なかなか効果を出すのが難しいダイエットでもあるのです。

スポンサードリンク

低炭水化物ダイエットの問題点はリバウンド?

低炭水化物ダイエット
または炭水化物抜きダイエットと呼ばれるこのダイエット方法は
特に女性を中心に実践している人が多い
ダイエット方法の1つ。

 

 

やり方も簡単で
少しだけ我慢をすればいいだけなので
やり続けていればその習慣にも慣れていき
簡単に痩せることができるというもの。

 

 

その名の通りに炭水化物を抜いた食事をする
または炭水化物を少し控えめに摂取をする
というものなので
難しい考えやスケジュール管理
運動が苦手だという人でもすることができます。

 

 

炭水化物は【ご飯】【麺類】【パン】など
主に主食として食べることの多いものに含まれているので
それらを食べないというのは辛いものの
炭水化物にカロリーが多いのは事実。

 

 

なので少しでも炭水化物を摂る量を減らし
摂取カロリーを削減し
ダイエットをしよう、ということです。

 

 

確かに摂取カロリーの多いものを減らせば
その分太ることはなくなりますし
次第に体重も落ちてくるでしょう。

 

 

効果があるというのも
納得がいく仕組みですよね。

 

 

しかしそんな低炭水化物ダイエットですが
失敗談も多くあり、リバウンドをしてしまい
結果的に元に戻ってしまったという人や
元よりも太ってしまったという人が多いのです。

 

 

なのでそういった問題点もあることから
低炭水化物ダイエットは難しいとも言われていますね。

 

 

では何故こういったリバウンドの報告が
多く寄せられているのでしょうか。

 

 

まずリバウンドをしてしまう人に多い共通点として
短期間の間で低炭水化物ダイエットをやめてしまった
という人が多いということが挙げられます。

 

 

炭水化物を摂らなくなってしまうことによって
低血糖状態が続くことになります。
こうなると脳は糖分を求めることになり
低炭水化物ダイエットを短期間で終わらせた場合には
炭水化物を食べた時に、脳はより糖分を求めてしまい
食欲が増幅してしまいます。

 

 

糖分が高い炭水化物というものは
カロリーが高いものばかりであるために
結果的に大きくカロリーをとってしまい
リバウンドになってしまうということですね。

 

 

長期間低炭水化物ダイエットを続けた場合には
リバウンドをする可能性は低くなっていきます。

 

 

低炭水化物ダイエットは
炭水化物の量が減らされることによって
膵臓からグルカゴンという脂肪を燃焼させるホルモンが分泌されることにより
ダイエット効果を高めるもの。

 

 

長期間このダイエットを続けていけば
糖分を摂取したいという脳の働きよりも
脂肪燃焼効果のほうが高いことから
リバウンドの可能性も低くなるということになるわけですね。

 

 

またリバウンドの他にも注意したい問題点としは
口臭・体臭がキツくなるということ。

 

 

炭水化物の摂取量が減ってしまうと
炭水化物の代わりに脂肪を燃焼させ
エネルギーとして使うようになります。

 

 

しかし脂肪をエネルギーとして燃焼をしてしまうと
ケトン臭という口臭・悪臭の元が発生してしまうのです。

スポンサードリンク

失敗しないコツは?

低炭水化物ダイエット、炭水化物抜きダイエット
リバウンドから口臭・体臭の問題点まで出てきて
結構難しそう…と失敗が怖くなってしまいますよね。

 

 

失敗しないコツとしては
やはり長い目でダイエットを見るということで
リバウンドを防ぐためにも
短期間ではなく、長期間でのダイエットをするということを
ダイエットを始める前に決めておくといいでしょう。

 

 

ただし、炭水化物を控える・抜くというのは
かなり食事の幅も狭まってしまうだけに
ストレスも溜まりやすくなってしまいます。

 

 

自由に食事が出来ないということや
常にダイエットに縛られることになるために
出来るだけ完全に抜くというよりかは
控える程度にしておいたほうが成功率も上がると言えます。

 

 

またダイエットをしたからといって
すぐに効果が出るわけではないのは
どのダイエットにも言えることなので焦らないこと。

 

 

ストレスが溜まれば
体は変化をし太りやすくなってしまうので
気分転換も必要になります。

 

 

そしてもう一つ注意をしたいのが
やはり炭水化物を抜く生活ばかりをしていると
体力がなくなるということや、糖質が減ることによって
頭の回転、集中力の低下という問題点も出てきます。

 

 

オススメとしては
例えば夕食だけ炭水化物を抜くというやり方
3食の中で炭水化物を減らすというやり方なので
一切炭水化物を摂らないという生活は
やめたほうがよさそうです。

 

 

十分な栄養がとれなければ
体は例え痩せたとしても、肌や髪の調子が悪くなったりと
美容面に大きな影響を与えますし
不健康な体になってしまうために、元も子もありません。

 

 

自分の体を第一に考えることが
ダイエットの成功法だと言えるので
そういった点を注意して頑張ってみましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。