物忘れが激しい原因は睡眠不足?10代や20代での症状は病気?

この記事は3分で読めます

物忘れが激しい
今までそうではなかったのに突然忘れやすくなった
それってとあることが原因になっているのかもしれません。

 

 

その原因と言われているのが
睡眠不足。
しかも10代、20代での症状としては
病気の可能性もあるようですね。

スポンサードリンク

物忘れが激しい原因は睡眠不足?

今までそこまでひどくなかったのに
最近物忘れが激しくなった気がする。

 

 

そういう時ってたまにあると思います。

 

 

物忘れが激しくなってしまうと
どうしてもスケジュールを立てるのもうまくいかなかったり
友人や恋人との会話も忘れていたり
出かける時に忘れ物をしていたり。

 

 

こういったように
物忘れが激しくなってしまうと
結構日常生活において支障をきたしてしまうものです。

 

 

何事も忘れないようにしておきたいものですし
物忘れの激しさを治したいと思う人がほとんどでしょう。

 

 

何故物忘れが激しくなってしまうのか
その原因として挙げられる1つには
睡眠不足があります。

 

 

振り返ってみて
最近睡眠不足だという人や
寝ていてもあまり寝ている気がしないという方
そういう人達の中には
激しい物忘れに悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

 

 

睡眠不足と物忘れ
あまり関連はしていなさそうな気がしてしまいますが
とても密接な関わりがあるために
睡眠不足によって物忘れが激しくなってしまうのです。

 

 

まず睡眠不足というものは
物忘れ以外にもたくさんの障害を出してしまいます。

 

 

美容にも悪く健康にも悪い
肌荒れはしてしまいますし、免疫力が低下をして
病気になりやすい体になってしまいます。

 

 

睡眠というものは
体をしっかりと休ませなければ意味がないために
睡眠不足であまり寝付けない、睡眠時間がすくない場合や
質のいい睡眠を十分にとれていないと
体は休むことができずに、美容面、健康面に
支障をきたしていってしますのです。

 

 

寝不足の時を振り返ってみてほしいのですが
日中睡魔に襲われそうになったり
ぼーっとすることが多くなりますよね。

 

 

これと同じように物忘れも
睡眠不足によって引き起こされてしまうようになり
これは判断能力の低下などと関係があると言えます。

 

 

睡眠不足によって
そういった心身ともに支障をきたすことをはじめとして
様々な障害が引き起こされてしまうのです。

 

 

なので最近物忘れが激しいとなった時には
自分の睡眠が十分にとれているのか
ということを振り返ってみましょう。

 

 

睡眠をしているつもりでも
浅い睡眠が続く場合には
しっかりと睡眠がとれていない場合もあります。

 

 

質の良い睡眠をとるためには
アロマを利用してみたり
枕をかえてみたり
または、寝る前の習慣が睡眠不足を引き起こす原因になっていることもあるので
見返してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

10代、20代では病気?

睡眠はよくとれているつもりなのに
物忘れが激しい。

 

 

その場合は何が原因なのかもわかりませんし
生まれつき物忘れが激しいのかもしれないと
開き直ることもあるかもしれません。

 

 

しかしその場合
もしかしたら病気の可能性も挙げられるのです。

 

 

まずいくつかチェックをしてみましょう。

・思うように言葉がでない

・友人との会話が続かない

・日常生活において言葉がわからないことが多い

・アイディアが浮かばない

・大声が出ない

・情報の勘違いが多い

・本は漫画しか読まない

など。

 

 

実はここで判断できる病気というのが
若年性健忘症

 

 

若年性健忘症のチェックとしては
これはごく一部のものなので
全て当てはまったから自分は若年性健忘症である
ということは断言できないものの
可能性としては十分あるかもしれません。

 

 

原因として挙げられるのが
脳への刺激の低下
悲しくも時代が進めば進むにつれて
便利になっていくことにより
脳は使われなくなっていきました。

 

 

スマホ、インターネットなどでの情報収集
漫画などしか読まない。
脳で考えたり分析すること、記憶をすること
そういったことがなくなっていくにつれて
脳は使われなくなり、記憶力が低下をします。

 

 

それが次第に若年性健忘症となっていってしまうということで
10代、20代の中で、睡眠不足ではないのに
物忘れが激しい、記憶力が乏しいという場合には
当てはまる病気かもしれません。

 

 

 

改善するためには
脳を使うことに限るので
簡単な計算をしてみたり、スマホやPCでメモをとらずに
自分で文字を書いてみたり
考えることで思考力を刺激することがオススメ。

 

 

簡単なものからできるのが
推理小説などを読んで
文字の意味を理解したり、難しいトリックを考えたり
自ら推理をしてみると
結構脳が刺激をされることになります。

 

 

また、睡眠不足の上に
若年性健忘症である可能性もあるので
自身の生活リズムや健康面に気を使ってみましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。