無臭ニンニクの栽培方法は?有臭ニンニクとの違い!?

この記事は3分で読めます

ニンニクって美味しいし
力もみなぎってくる感じがして大好き!という半面で
臭いが気になって食べる時間帯とかって気を使っちゃうものですよね。

 

 

そんな時にオススメなのが無臭ニンニク!
今回は無臭ニンニクの栽培方法や
有臭ニンニクとの違いについて
見ていきます!

スポンサードリンク

無臭ニンニクの栽培方法

ニンニク好きな人って結構いますが
臭いが気になってなかなか食べれないという人もいますよね。

 

 

なので結構ニンニク料理を食べる時には
自宅で食べるという人も多いかもしれません。

 

 

自宅ならば臭いを気にしなくてもいいですし
次の日が休日とかならば
会社が学校にも行かなくていいため
好きなだけニンニク料理を楽しむことができます。

 

 

またちょっとしたアクセントとしても
ニンニクは必要不可欠なため
結構ニンニクの消費量って多いんですよね。

 

 

なので自宅でニンニクを栽培できるなら…
と考えている人も多いようで
インターネットなどで調べている人が
多いようです。

 

 

中でも無臭ニンニクの栽培について
注目している人が多いので
今回は無臭ニンニクの栽培方法について
見て行きましょう。

 

 

まず植え付けの時期が大切になってくるのですが
こちらは8月下旬から10月中旬まで
出来るだけ9月中に受けるのがベストのようですね。

 

 

にんにくの球根に関しては
園芸店やネット販売などで手に入れることができるので
そちらでチェックをしてみましょう。

 

 

植え付けの前には
土壌を用意しなければなりませんが
この際にはできれば水はけのいい場所
完熟堆肥堆肥をしっかりと耕して
植え付けるようにしましょう。

 

 

植え付けは地中の約15㎝の深さに植え
芽が出てきたら追肥をします。
肥料としては牛糞堆肥鶏糞堆肥有機石灰などが
オススメされているようですね。

 

 

必ず追肥をしなくてはいけないというわけではないものの
やはりしっかりと追肥をしたほうが
美味しく大きなニンニクが出来るようです。

 

 

だいたい9月に植え付けをして
11月くらいに芽が出てきて追肥をする流れになり
そのあとは5月になるまでは何もしません。

 

 

そして5月、6月になったあとに
再び追肥をできたらして
いよいよ6月になったら茎が出てきます。
茎はいわゆるにんにくの芽として
スーパーなどで見かけることも多いと思いますが
これはとってしまい、料理などに使うといいでしょう。

 

 

また茎とともに花の蕾も出てきます。
蕾も必ず取るようにしないと
養分が花へと送られてしまうために
ニンニクが育ちづらくなってしまいます。

 

 

なので6月には茎、蕾両方を取ることを忘れずに。

 

 

そして6月下旬頃には
葉が枯れてきます。
そうすると収穫のサインなので
ニンニクを収穫しましょう。

 

 

収穫をした後には
風通しのいい日陰で数日間干し
その後ニンニクを食べることができます。

 

 

こうしてみてみると
ニンニクは対して手間暇もかからないために
結構簡単に栽培することができるのです。

 

 

植え付ける時期や
蕾、茎を取るということだけ気をつければ
簡単に栽培することができるので
是非試してみましょう!

スポンサードリンク

有臭ニンニクとの違い!?

無臭ニンニクの栽培方法についてみてきましたが
有臭ニンニクとの違いについても
気になる人がいるみたいですね。

 

 

その名の通り
無臭ニンニクは有臭ニンニクとくらべて
キツイ臭いがないことが特徴です。

 

 

なのでニンニクは好きだけど臭いが…
と気になる人は
無臭ニンニクを食べるようにすれば
そこまで臭いに悩まされることもありません。

 

 

また大きさに関しても
従来のニンニクと比べると
最大で8倍くらい大きいというのも特徴。

 

 

臭いも気にならない上に大きいなんて
ニンニク好きにとってはたまりませんよね。

 

 

無臭ニンニクの栽培は
結構場所などもとるために
できないという人もいると思いますが
スーパーなどで無臭ニンニクは販売されていたりするので
臭いに悩む人は無臭ニンニクを食べてみるといいでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。