急性胃腸炎 食事はヨーグルトが良い?大人よりも子供がかかりやすい?

この記事は3分で読めます

急性胃腸炎
突然お腹が痛くなって病院に行ったら
急性胃腸炎だった!というのは
結構よく聞く話かもしれません。

 

 

意外と身近に潜む急性胃腸炎。
急性胃腸炎になってしまった時の食事って
どうすればいいか悩むものですが
ヨーグルドが良いってことを耳にしますよね。
今回は急性胃腸炎について注目をしていきます。

スポンサードリンク

急性胃腸炎 食事はヨーグルトが良い?

現代社会において
昔と比べてみると急性胃腸炎というのは
結構身近な存在になってきました。

 

 

周りに一人や二人
急性胃腸炎になった人がいるという人もいれば
自分自身急性胃腸炎になったことがある
という人も多いのではないでしょうか。

 

 

まず急性胃腸炎というのは
激しい下痢や嘔吐、発熱、全身の倦怠感
時には血便などの症状が出る感染症のことを言います。

 

 

風邪の時も腹痛の症状が出ることもありますが
急性胃腸炎の場合には
腹痛の度合いが違うために
すぐに違いがわかるかと思います。

 

 

また急性胃腸炎の中にも種類があり
夏場の食中毒によって引き起こされることが多い細菌性の急性胃腸炎
冬場などにかかりやすいウイルス性の急性腸炎
が挙げられます。

 

 

感染症であるために
夏場、冬場どちらにしても
もしかかってしまった場合には
他に感染しないように
十分に気をつける必要があります。

 

 

さて、急性胃腸炎になってしまった場合
病院に行って治療を受けると思いますが
その際に食事方法はどうすればいいのだろう
気になる人も多いようです。

 

 

消化に良い食べ物がいいのか
腸にやさしい食べ物がいいのか
出来るだけ症状を悪化させないためにも
食事は慎重になりますよね。

 

 

まず急性胃腸炎の時の基本的な食事方法として
普段通りの食事をするのはNG
たとえ症状が落ち着いてきたとしても
すぐに食事をいつもどおりに戻すというのはやめましょう。

 

 

消化に良い物を少しずつ
一度にたくさん食べないで
一日に数回わけて食事をとるのが◎。

 

 

勿論消化に良い物なので
脂っこいものや辛いものなどの刺激物などは
控えるようにしましょう。

 

 

他にも脂肪が多いとされる菓子類や
キノコ、海藻などは控えると◎。

 

 

脂肪などが多い食べ物を食べてしまうと
下痢を起こしやすくなってしまうのです。

 

 

また冷たい食べ物も
腸を冷やしてしまうことになるので控えたほうがよさそうです。

 

 

オススメの食べ物として
ヨーグルトやゼリーのような
さっぱりと食べられ、なおかつ喉も通りやすいものを食べるのがオススメ。

 

 

食欲が低下をしている場合があるので
そういった時には無理をして食事をせずに
水分補給だけをしっかりしていれば問題ありません。

 

 

特にヨーグルトは
腸内環境を改善し整える働きがあるので
少しずつ食べるようにしていくのがいいかもしれませんね。

 

 

食事をするにあたって
水分補給が何よりも大事だというのも
水分補給をしたことによって
より早く体外にウイルスなどを排出することができるからだと言えます。

 

 

急性胃腸炎になってしまった場合には
もちろん少しずつ食事をすることも大切ですが
無理をして食べる必要はないので
水分補給だけでも徹底して行うようにしましょう。

スポンサードリンク

子供がかかりやすい?

急性胃腸炎は子供がなりやすい
ということも耳にしますよね。

 

 

子供がなりやすい急性胃腸炎は
冬場に多いウイルス性の急性腸炎で
代表的なものを挙げるならばノロウイルスも
急性胃腸炎の1つです。

 

 

なぜなりやすいかというと
子供はやはり大人と比べてみると
免疫力も低く、大人よりも体は完成されていないため
ウイルスに侵されやすいと言えます。

 

 

さらに幼稚園、小学校など
集団生活をする上では
どうしてもウイルスが行きかいやすい環境になるために
ウイルス性の急性腸炎になりやすい環境にいる
というのもかかりやすい要因の1つだと言えます。

 

 

かからないためには
手洗いうがいをしっかりとするということや
バランスの摂れた食事をして
しっかりと体を丈夫に健康な状態にしておくことが一番です。

 

 

夏場の食中毒などの原因でもあげられる
細菌性の急性胃腸炎の場合は
夏場という食べ物にとっては細心の注意を払わなければならない時期に
油断をしてしまうことによって引き起こされることが多いので
加熱するものはしっかりと加熱をして食事をすること
食品によっては保存を徹底すること
というのが未然に防ぐ対処法となります。

 

 

どちらの急性胃腸炎に関しても
しっかりと気をつけていれば
かかってしまう確率は低くなるために
夏場、冬場は気をつけて過ごしていくといいでしょう。

 

 

また、大人は特に気をつけたいのがストレスの存在。
ストレスは気持ちを鎮めるものだけでなく
体調にも影響を大きく及ぼすために
免疫力を低下させてしまうこともあります。

 

 

そうなると急性胃腸炎をはじめとして
他にも多くの病気にかかってしまう要因になるので
ストレスと上手く付き合っていくというのも
これらの病気にかからないために必要なことなので
気をつけていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。