空き巣被害のよくある手口や時間帯は?防犯対策はどうすればいい?

この記事は4分で読めます

自分の家は大丈夫だろう、なんて油断をしている時に
空き巣には入られてしまうもの。
意外と身近に潜む空き巣の魔の手にかからないように
いつでも対策を練っておくことが被害に合わない為に必要なことです。

 

 

今回は空き巣について注目。
空き巣被害によくある手口や時間帯を見て
防犯対策をしてみましょう。

スポンサードリンク

空き巣被害のよくある手口や時間帯は?

空き巣
うちは大丈夫だろうなんて思っていませんか?

 

 

実際に被害に遭ってみないと
空き巣の怖さというものはわからないものであるために
まさかうちが空き巣に入られるなんてと
現実味がない話かもしれません。

 

 

しかし空き巣はそういった油断や隙を付いてくるものです。
うちは大丈夫だろうなんて根拠の無い安心をする前に
空き巣対策を万全にした上で空き巣からの被害を防いでいきましょう。

 

 

その為にはまず
空き巣はどんな手口を使って犯行に及ぶのか
時間帯はいつ頃が多いのか
という2点を知っておくと
より防犯対策には効果的ですよね。

 

 

まず手口についてですが
主に窓やドアからの侵入のようですね。

 

 

ドアの場合には
ちょっとした買い物だから…と
施錠をしないで出かけた隙を見計らって
ドアから侵入をしたり。

 

 

窓の場合は、窓の位置が死角になっていて
周りからも見えにくい場所ならば
ドライバーなどの工具を使って
侵入をするということ。

 

 

こうしてみてみると空き巣の手口は
迅速に出来て、なおかつ大きな音や
作業を必要としていない
というのがわかりますよね。

 

 

本当にちょっとした隙に侵入されてしまう
ということなので
こういった手口から対策法を見つけてみるといいでしょう。

 

 

次に注目をしたいのが時間帯

 

 

多いとされるのが11時~14頃の間ということで
この時間帯というと
丁度家に誰もいないということって多くないですか?

 

 

主婦はパートに出かけていることも多いですし
勿論夫は会社に出かけていて
子供も学校に…。

 

 

例え主婦がパートに出ていなかったとしても
主婦友達などでお茶をしていたり
お昼を食べに行っていたり買い物に行っていたり
この時間帯はとにかく家に人がいない時間帯として
空き巣は狙っているようです。

 

 

また、朝の7時~8時頃というのも
実は盲点となっている時間帯。

 

 

この時間、家族がみんな会社や学校に
出かける時間帯ですし
主婦にとっては忙しい時間ですよね。

 

 

しかもこの時間にあるのが
ゴミ出しの時間

 

 

振り返ってみると
すぐ側がゴミ捨て場だからという理由で
ドアの施錠忘れをしていませんか?

 

 

このゴミ捨ての時間、約5分~10分
という時間帯を狙って
空き巣が侵入するということもあるようなので
忙しい朝ですがしっかりとドアは施錠をして
いつでも空き巣対策をしていくのが
被害に合わない為に必要なことです。

 

 

また空き巣が出やすい曜日として
火曜日と金曜日が挙げられているようですね。

 

 

火曜日というと
慌ただしい月曜日が過ぎてホッと一息ついている時
金曜日というと一週間の終わりということもあって
結構疲れている時。

 

 

そんな人が油断していそうな曜日を見計らって
空き巣は侵入をしてくるようです。

 

 

空き巣は私達が思っているよりも
かなり計算をし、考えていたり
狙っている家の一日の流れなども見ていたりするものなので
空き巣に油断も隙も見せないように
普段から気を引き締めることが大切です。

スポンサードリンク

防犯対策は?

空き巣の防犯対策としては
たくさんグッズなどが販売されていますよね。

 

 

例えば窓からの侵入を防ぐために
窓に直接貼る透明のシールは
万が一窓を割られた時にも侵入を防ぐ事ができます。

 

 

また補助錠を窓に付けておくというのも
対策としては◎。

 

 

空き巣にとって犯行時間が伸びてしまうことは
失敗、捕まってしまう確率が高くなるために
そう判断した際には諦めることも多いようです。

 

 

また家に雨戸やシャッターなどがある場合には
そういったものもやっておくと効果的。

 

 

ただ一番の対策となるのが
油断をしないということ。

 

 

空き巣は確実に犯行を行うために
念入りにチェックをして
計画を練っています。

 

 

油断をしている姿を見せていれば
すぐに空き巣のターゲットになってしまうために
ちょっと家を出るだけだったとしても
ドアの施錠をしっかりとすることは大切ですし
可能であれば部屋の電気をつけたまま外出をする
ということも◎。

 

 

家に誰かがいるかもしれない
というのは空き巣にとって犯行しにくい条件になるために
電気をつけて回避をするというのもかなり効果的なのです。

 

 

あとは昔から言われている通りに
近所付き合いも効果的であるとは言えるかもしれません。

 

 

不審者にとって
誰かに見つかる=失敗に繋がるため
もし近所付き合いが上手くいっているようであれば
不審者の目撃情報などの交換をしたりしていると
その一帯は近寄り難い住宅地として
空き巣も諦めやすくなるのだとか。

 

 

家によって
それぞれ空き巣にとっては
入りやすい侵入ポイントがあるようなので
自分の家はどこらへんが空き巣にとって好都合なのか
そういったところも考えながら対策を考えるのが
最高の防犯対策になるので
他人ごととは思わずに、空き巣被害に遭わないように
真剣に考えてみましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。