名古屋港水族館の営業時間は?GWは料金割引も!?

この記事は3分で読めます

GWの予定はもう決まっていますか?
せっかくの長期休み、色々なところに行ってみたいと
旅行を考えている人も多いかと思います。

 

 

今回注目する名古屋港水族館も
GWに行きたいオススメの場所。
営業時間や料金割引情報など
名古屋港水族館について今回は見ていきます。

スポンサードリンク

名古屋港水族館の営業時間は?

名古屋というと
日本でも有名な観光地として
日本中から多くの人が訪れる場所ですよね。

 

 

海外からも人気がありますが
今回のGWを使って名古屋に行くという人や
名古屋を思い切り楽しんでみたいと
思う人も多いでしょう。

 

 

名古屋というと
たくさん見どころのある街ですが
今回注目する名古屋港水族館
見どころの1つ。

 

 

是非カップルや家族で訪れたいスポットなので
今回のGWを使って足を運んでみましょう。

 

 

名古屋港水族館は
水族館としては日本国内の中でも
特に人気のある水族館として有名であり
水族館の定番でもあるイルカショーを始めとして
シャチのショーなども
見ることができます。

 

 

もちろん展示も素晴らしく
見どころもたくさん。

 

 

様々な魚を見ることができるために
魚が好きという人だけでなく
水族館の雰囲気が好きという人
楽しみながら水族館を満喫したいという人には
かなりオススメ。

 

 

他にも研究施設があることが
この水族館の特徴であり
ウミガメなどの飼育、繁殖などを行っているようです。

 

 

見るだけでなく
学べることも多い水族館なので
一度は訪れたい水族館ですし
満足することは間違いないといえるでしょう。

 

 

さて、そんな魅力的な水族館
名古屋港水族館ですが
営業時間を調べておかないと
行っても休館だった…なんてこともありえます。

 

 

名古屋港水族館の休館日は
毎週月曜日で、休日の場合だった時には
翌日が休館日となります。

 

 

しかしGWをはじめとして
長期休暇がある7月~9月
年末年始、春休みにあたる時期は
無休となるみたいですね。

 

 

今回GWに行く場合には
休館と当たることもないので
安心して予定を組んで行くことが出来るでしょう。

 

 

またGW以外の長期休暇の中で
冬季の場合にはメンテナンスのために
臨時休館になる場合もあるため
念のため訪れる際には公式サイトなどで
休館になっていないかということを
チェックしておくといいでしょう。

 

 

他にも休館ではなくとも
その日によって行われるイベントなどが異なっていたり
中止になっていたりするために
もし目当てのイベントがある場合には
前もって調べておくと◎。

 

 

時間なども細かく掲載されているので
訪れる際には一度公式サイトを見ておくのが
オススメです。

スポンサードリンク

GWは料金割引も!?

GWは休館日がない!ということで
自分たちのスケジュールに合わせて
水族館に行くことができるというのは嬉しいですよね。

 

 

GWとはいっても
仕事が休めなかったり
思うように予定が合わない中で
休館日が重なってしまうとせっかくのGWも台無しに。

 

 

なので安心して名古屋港水族館に行ける
というのは嬉しいものの
もう一つ気になることといえば料金ですよね。

 

 

GWとなると安くなるところもあれば
高くなる場所もあるために
もし家族などで行く際には
お母さん的にはおさいふと相談をして
頭を悩ませる…なんてこともあるでしょう。

 

 

噂によるとGWでは
割引料金で遊べる…ということが言われていますが
GW特別割引料金というものは
残念ながらないようですね。

 

 

個人料金を利用する人が多いと思うので
今回は個人料金についてのみ紹介をしていきます。

 

 

大人【2000円】
高校生【2000円】
小・中学生【1000円】
幼児(4歳以上)【500円】

 

 

というのが基本料金となります。
他にも他の施設などを一緒に見たい場合には
それぞれチケット代も変わってくるので
目的と照らしあわせてチケットを買いましょう。

 

 

GW料金はないものの
夜間入館というものがGW、夏休み、12月24日にはあるようで
午後5時~午後8時までが夜間入館というものになります。

 

 

この場合午後5時以降に入館をすると
夜間入館料金が適用されるために

大人【1600円】
高校生【1600円】
小・中学生【800円】
幼児(4歳以上)【400円】

で入館することができます。

 

 

旅行や観光のスケジュールと合わせて
もし時間が合うようならば
夜間入館をしたほうが少し安く済むために
利用できるならば利用することがオススメです。

 

 

ただし時間も少なくなってしまうため
もし思う存分楽しみたいという場合には
夜間ではなく昼間のうちにいくのがオススメ。

 

 

見どころもたくさんであり
イベントも余裕をもって見ることができるので
自分たちが何を見たいのかということもよく考えた上で
昼間に行くか、夜間に行くかということを
決めたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。