睡眠時無呼吸症候群自覚症状はある?対策にはマウスピースが効果あり?

この記事は3分で読めます

睡眠中って、自分がどんな寝相で寝ているのかとか
いびきをかいていたり、静かに寝ているのかどうかとか
自分ではわからないことって多いですよね。
その中でも注意をしたいのが睡眠時無呼吸症候群の可能性。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の自覚症状ってあるのでしょうか?
そうならないためにも対策法を知っておきたいもの。
今回は睡眠時無呼吸症候群について注目をしていきます。

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群 自覚症状は?

睡眠中の状態によって
その人が今どんな健康状態なのかということなどを
見つけることができます。

 

 

例えばいびきをかくことがあれば
ストレスや疲れなどが溜まっている可能性や
口呼吸を無意識にしてしまっている可能性など
様々なことが挙げられますよね。

 

 

今回注目する睡眠時無呼吸症候群
「Sleep Apnea Syndrome」とも言い、SAS(サス)とも
呼ばれます。

 

 

睡眠中、10秒以上の無呼吸が
だいたい7時間の睡眠中に30回以上
または1時間に5回以上の無呼吸が起これば
それは睡眠時無呼吸症候群に診断されます。

 

 

無呼吸ということはその名の通りに
起動の空気の流れが止まった状態
つまり息をしていない状態なので
睡眠中に、無意識に何度も無呼吸になっている
と考えると少しこわいですよね。

 

 

しかもこの睡眠時無呼吸症候群の怖いところというのが
自覚症状がほとんどない、睡眠中ならば自分自身で
呼吸をしているかしていないかということを
見極める手段はないために
家族などに指摘されて気づくこともあるということ。

 

 

では睡眠時無呼吸症候群になってしまっている場合
どんなリスクがあるのかを見てみましょう。

・疲れやすい

・睡眠不足

・集中力の低下

・頭痛

・常に疲労感・倦怠感がある

などが挙げられます。

 

 

無呼吸が頻繁に起こってしまうと
睡眠中も十分に体を休めることもできませんし
質のいい睡眠を取ることもできないために
睡眠を十分にとれていない、疲れを取れないということから
このような症状が日中起こってしまいます。

 

 

例えば車の運転をするという時には
強い睡魔や疲労感に襲われてしまい
事故率が上がってしまうとも言えます。

 

 

日常生活においても大きな支障をきたしていくために
もし睡眠時無呼吸症候群ならば
早めに治療をする必要がありますが
なかなか自分では気づくことができないために
自覚症状を知ることも大切になります。

 

 

自覚症状としては
症状としても出ている通りに
寝ている気がしない、疲れている、疲労感や
日中の急激な眠気、頭痛や集中力の低下など
最近こういうことが多いと思った場合には
睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いと言えます。

 

 

さらに無意識のうちに
たとえ睡眠中ではなかったとしても
鼻呼吸ではなく口呼吸をしていることに気付いたら
睡眠中、無呼吸になっている可能性が高いと言えます。

 

 

現在自分はどうなのか
症状と当てはまることがあれば
一度医師に診察をしてもらうか
または家族などに少し睡眠中に様子をみてもらうのも
いいかもしれません。

スポンサードリンク

対策にはマウスピースが効果あり?

対策方法を知ることも
未然に睡眠時無呼吸症候群を防ぐ手段の1つ。

 

 

マウスピースは対策方法として
使っている人も多くいたりするために
かなり効果的だと言えます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群ではなかったとしても
いびき対策などに使われることも多いので
いびきが気になるという人も
マウスピースを使ってみるといいかもしれませんね。

 

 

しかし対策としては
何故睡眠時無呼吸症候群になってしまうのか
原因を知ることも重要です。

 

 

睡眠時無呼吸症候群になってしまう原因として
ストレスを感じている場合や
口呼吸をしてしまっている人
または肥満症の人に多くみられます。

 

 

特に肥満の人となると
喉に余分な脂肪がついてしまうことにより
呼吸がしづらくなってしまい
睡眠時無呼吸症候群になってしまう場合が多いと言えます。

 

 

自分がもし睡眠時無呼吸症候群だとわかった場合には
原因を解決することが治す方法に繋がりますし
原因でも挙げられている、ストレス、口呼吸、肥満気味
という人は睡眠時無呼吸症候群にならないためにも
そういったものを解消していく必要があります。

 

 

たかが睡眠不足や集中力の低下と思うかもしれませんが
睡眠は人が生きていくためにはとても必要で重要なもの。
睡眠をしっかりととることができなければ
事故が起きてしまったり、体を壊すことにも繋がるので、
自分が睡眠時無呼吸症候群なのか、それを一度考えてみるといいでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。