肩甲骨しびれの原因は?ストレッチは痛み解消やダイエット効果がある?

この記事は3分で読めます

ふと肩甲骨がしびれるということってありますよね。
場所が場所なだけにどうすることも出来ずに
ただただ痺れを我慢するということもあるでしょう。

 

 

この肩甲骨のしびれの原因とは
一体何なのでしょうか。
またストレッチによっては
痛み解消やダイエット効果があるという噂も。
肩甲骨が痺れて困っている!という人必見です!

スポンサードリンク

肩甲骨しびれの原因は?

足がしびれた!手がしびれた!
そういうことは結構ありますよね。

 

 

例えば長時間正座をしていれば
毎日正座をしている人や茶道をしている人以外は
だいたい足が痺れて立てなくなる…
ということがあるでしょう。

 

 

痺れてしまうと感覚がなくなってしまいますし
思うように体を動かすことができずに
不便に思うもの。

 

 

しかしそれでも軽くストレッチをしたり
様子を見ればすぐに痺れも解消されるので
かなり困ったことがあるという人は
少ないかもしれませんね。

 

 

そんな痺れですが
肩甲骨あたりが痺れたことがある
という人もいます。

 

 

肩甲骨が痺れるというのは
場所が場所なだけにどうすることもできませんし
ちょっとした違和感を感じることになるため
普通に痺れるよりも変な感じがしますよね。

 

 

これって何が原因なのだろう
と気になるものです。

 

 

まず肩甲骨に限らず
痺れの原因を見て行きましょう。

・筋肉疲労
・血液の循環が悪い
・ヘルニアなどの病気
・脳卒中の初期症状

など。

 

 

ヘルニアや脳卒中の初期症状は
そう頻繁に起こる原因でもないので
ほとんどの痺れの場合というのが
筋肉疲労血液の循環が悪くなっているから
だと言えます。

 

 

正座をしていて痺れてしまうのは
血液の循環が一時的に悪くなり
足の下のほうにかけて
しっかりと血液が流れないから
痺れが引き起こされます。

 

 

筋肉疲労が理由の場合には
例えば同じ姿勢で長時間いるということを続けていると
次第に筋肉は疲労をしていき
なおかつ凝り固まってしまうために
痺れを引き起こすことになります。

 

 

肩甲骨のしびれの原因の
大部分を挙げるならば
この筋肉疲労が原因だと言えるでしょう。

 

 

最近肩甲骨が痺れたという人や
痺れたことがあるという人は振り返って欲しいのですが
長時間同じ姿勢でいたりしませんでしたか?
デスクワークなどをしていると
長時間同じ体制であり、なおかつ肩や背中、腰にかけて
負担がかかっていくので
肩甲骨が痺れやすくなると言えます。

スポンサードリンク

ストレッチは痛み解消やダイエット効果がある?

さて肩甲骨が痺れてしまったら
どうすればいいのでしょうか。

 

 

できることならば痺れを解消したいですし
痺れないように予防もしたいところです。

 

 

そこで必要なのがストレッチ

 

 

ストレッチをすることによって
血流を良くしていき
痺れを解消させるというものですね。

 

 

例えば足が痺れた時などには
よく足を揉んだりほぐしたりすると
痺れも早く解消されていきますが
これはマッサージをすることによって
血液の流れを促しているからだ
と言えます。

 

 

肩甲骨が痺れてしまった場合には
軽く肩を回してみたり
手の届く範囲で軽くマッサージをしてみたりすると効果的

 

 

また温かい飲み物を飲んだり
カイロなど温かいものを痺れた場所に当ててみる
早く改善されていきます。

 

 

噂によるとこういったストレッチなどで
ダイエット効果もあるなんて言われています。

 

 

そのストレッチをしたからダイエットに繋がる
ということは一概には言えないものの
血液の流れがよくなっていけば
新陳代謝が上がり、体全体に栄養が行き渡るようになり
老廃物も排出されやすく、便秘改善に繋がると同時に
冷え性も改善されるのでむくみも解消されます。

 

 

血液の流れが悪いと
痺れだけでなく太りやすい体になってしまうと言えるので
痺れを解消する目的で
血流を良くするストレッチを心がけたり
対処をしていると必然的に体は痩せやすくなる
ということが言えます。

 

 

ただし少しやっただけでは効果は望めないので
もしダイエットをしたいと考えるのであれば
食生活を見なおしたり
半身浴や適度な運動など
様々な方面からやることが大切です。

 

 

また一時的に血流がよくなっても
放置したりして原因を作ることがあれば
再び痺れの原因になることも。

 

 

痺れないためにも
日頃から血流改善を心がけていくと
健康やダイエットにもいいので
気をつけていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。